ここから本文です

清水富美加「レプロ社長を殺したいと思った」 暴露本『全部、言っちゃうね。』衝撃内容

J-CASTニュース 2/17(金) 15:09配信

 宗教団体「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加さん(22)が、法名の「千眼美子(せんげん・よしこ)」として著した暴露本『全部、言っちゃうね。』が2017年2月17日に緊急発売された。

【写真】清水さんは自筆で「絶対、死にません」

 全147ページの暴露本の中で、清水さんが語った「本心」とは。J-CASTニュースは17日に話題の同書を入手した。内容の一部を紹介する。

■「遺書を書くような思い」

 清水さんは16日深夜、突然ツイッターで同書の発売を告知。たちまち大きな話題を呼び、大手通販サイトamazonでは翌17日昼時点で「本」カテゴリの総合1位に輝いたほか、定価(1296円)の3倍近いプレミア価格で販売する業者が出るほどの注目を集めている。

 そんな話題の同書は、医師の立会いのもとで清水さんに行ったインタビューの内容を編集したもの。清水さんが手書きした「まえがき」では、一連の出家騒動をめぐる世間からの疑問に全て答えるつもりだとして、

  「全てのことを遺書を書くような思いで、この本に全託しました」

という決意めいた思いを吐露している。

 本文は4章構成。前半の2章では、一連の出家騒動をめぐる清水さんの「本心」が飾り気のない文体で明かされている。周囲からは、出家を決めた幸福の科学に「洗脳」されていると指摘する人もいたというが、

  「洗脳上等だよって感じですよね。『洗脳されてるんじゃなくて、されるの選んでるんだ』って気持ち」

との思いを告白。そのほか、芸能生活をめぐるストレスで右手首をカッターで切るなど、何度も自殺未遂をしていたことも明かしている。

 そのほか、自分には向かない役を演じることでのストレスから、「悪霊」に憑依され体をのっとられることが度々あったとも暴露。暴力的なキャラクターなど難しい役柄を演じる際は、

  「これはちょっと体『貸さないと』無理だな。悪霊入れてもいいかな」

と考えていたという。

1/2ページ

最終更新:2/19(日) 11:03

J-CASTニュース