ここから本文です

(インタビュー)軍政に幕を引く ミャンマー前大統領・テインセインさん

朝日新聞デジタル 2/17(金) 16:00配信 (有料記事)

 ミャンマーで軍政に幕を引いた人物がいる。昨年3月、アウンサンスーチー氏率いる野党に政権を明け渡したテインセイン前大統領だ。6年前の就任の際は、形だけの民政移管とみられていたが、内政と外交の両面で改革を進めた。自身は何を考えていたのか。大統領退任後、メディアのインタビューに初めて応じた本人に聞く。

 ――あなたは軍政の幹部でした。にもかかわらず、なぜ民主化へとカジを切ったのでしょう。
 「まず第一に、軍が長く統治するということは良くない、と考えていたからです。海外の国々にも、そう受け止められていたと思います。……本文:7,919文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:2/17(金) 16:00

朝日新聞デジタル