ここから本文です

(いちからわかる!)将棋の棋士の引退、どんなルールかの?

朝日新聞デジタル 2/17(金) 16:00配信 (有料記事)

 ■定年制度もあるが、順位戦にいる限り現役を続けられる
 ホー先生 将棋(しょうぎ)の最年長棋士(きし)の引退が1月、決まったそうじゃな。
 A 加藤一二三(かとうひふみ)九段(77)だね。棋士の格を決める「順位戦」の成績が振(ふ)るわなかったんだ。加藤九段は今年度、五つのクラスの中で最も下のC級2組で、10局中まだ1勝しかしておらず、降級(こうきゅう)が決まった。
 ホ そのクラスから降級となると、引退というルールなんじゃな。
 A そうとは限らない。C級2組の下の「フリークラス」に在籍(ざいせき)している間、「30局以上戦って勝率6割5分以上」などの成績を残せば、C級2組に復帰できる。……本文:1,694文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:2/17(金) 16:00

朝日新聞デジタル