ここから本文です

「ニュートン」発行会社元社長逮捕=出資法違反容疑、読者被害―山口県警

時事通信 2/17(金) 11:24配信

 利息を支払うなどと持ち掛け、定期購読者から1200万円を預かったとして、山口県警は17日、出資法違反容疑で、科学雑誌「Newton(ニュートン)」を発行する「ニュートンプレス」(東京都渋谷区)の元社長高森圭介容疑者(77)=東京都杉並区永福=ら2人を逮捕した。

 県警によると、高森容疑者は「金を借りただけだ」と容疑を否認している。

 県警生活環境課によると、出資者は43都道府県の266人で、総額は約7億円に上るとみられる。県警は集めた資金の多くが同社などの運営に充てられていたとみて調べている。

 逮捕容疑は、2015年2月から16年3月にかけ、法定の除外事由がないのに、埼玉県と島根県に住むニュートンの定期購読者3人に元本と年5%の利息を約束して出資を募り、計1200万円をニュートンプレス名義の口座に振り込ませ、預かった疑い。 

最終更新:2/17(金) 14:50

時事通信