ここから本文です

ベルキン、iPhone向け保護フィルム貼り付け専用マシーンを使ったプロテクトサービスを提供開始

ITmedia Mobile 2/17(金) 17:02配信

 ベルキンは、2月16日にiPhone向け保護フィルム貼り付け専用マシン「TrueClear Pro Advanced Screen Care(TCP)」を用いたプロテクトサービスを開始した。

【保護フィルム貼り付け専用マシン】

 TCPは「新品の見た目を損ないたくない」「自分で画面保護フィルムを貼るのは難しい」「保護ケースで十分」といったユーザーの声に応える形で開発されたもの。世界では約1400台導入されており、アジア圏では54店舗、来月には80店舗まで導入される予定だ。日本でも2016年からアップルストア、携帯ショップで試験導入を始めており、20店舗目の導入となるタイミングで正式サービスとして開始した。

 対象の保護フィルムは、独特の弾性と柔軟性を備えた硬度9Hのガラス製フィルム「Screen Force InvisiGlass Screen Protector」、または弾力性、耐久性、保護性に特化した「Screen Force InvisiGlass Ultra Screen Protector」。店頭では訓練を受けたプロのスタッフが貼り付けを行い、購入すれば無料でサービスを受けられる。

 導入店舗はドモコショップの自由が丘店、大井町店、Luz大森店、鷺沼店、海老名西口店、ららぽーと富士見店、セブンパークアリオ柏店、ららぽーと柏の葉店、中野駅前店、ステラタウン店、武蔵浦和店、千葉ニュータウン店、横浜金沢店、アピタ金沢文庫店、ココリア多摩センター店、川越店、柏駅西口店、甲府石和店、あすと長町店、アピタ新潟西店(2月21日~)、厚別西店(2月23日~)、金山店(2月下旬~3月上旬)。

最終更新:2/17(金) 17:02

ITmedia Mobile