ここから本文です

医師らの団体「例外なき禁煙を」

ホウドウキョク 2/17(金) 23:32配信

「例外なき禁煙」を主張した。
受動喫煙防止のため、飲食店を「屋内禁煙」とする新しい法案について、医師らの団体が厚生労働省で会見し、「飲食店は例外なく禁煙とすべきだ」と主張した。
厚労省は、飲食店では「建物内を禁煙」とする健康増進法の改正案で、面積が30平方メートル以下の規模が小さいバーや、スナックなどの飲食店を「例外」とし、喫煙できるようにすることを検討している。
禁煙を推進する医師や、歯科医師などの団体は「小規模店舗を屋内全面禁煙の『例外』とすることは、受動喫煙防止の趣旨に反している」として、「例外」を設けるべきではないと主張した。
また「加熱式タバコ」も、禁煙の場所で使用すべきではないと訴えている。

最終更新:2/17(金) 23:32

ホウドウキョク