ここから本文です

「奇妙で異常」「なぜケイスケは文句を言わない」伊メディアも本田の行動に疑問

ゲキサカ 2/17(金) 21:48配信

 ミランで出場機会を失っている日本代表MF本田圭佑に関して、イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が「ミランの本田は影が薄くなった。ベンチから世界を…」という見出しで報じている。

 今季から指揮を執るビンチェンツォ・モンテッラ監督の下でベンチ生活が続いている本田。リーグ戦の出場は5試合(先発1試合)にとどまり、2017年初出場となった1月25日のコッパ・イタリア準々決勝ユベントス戦(1-2)でも、後半アディショナルタイム1分からの途中出場と、満足なプレー機会を得ることができていない。

 今冬の移籍市場では締め切り最終日にプレミアリーグのハル・シティからオファーがあったと報じられたが、本田は検討した末に移籍を拒否した模様。契約が切れる今年6月までミランに残ることが決まっている。

 そんな本田に対して同メディアは「トップチームのトレーニングに参加していながら、モンテッラ監督の構想外となっている唯一のミラン選手。ケイスケは(リーグ戦で)昨年12月12日以来プレーしていないのに、文句を言わない。日本の司令塔は奇妙で異常だ」と指摘。出場機会が必要な状況で移籍を拒み、さらに居場所がない今のチーム内での立場も受け入れているようにも映る背番号10の姿勢に疑問を投げかけた。

最終更新:2/18(土) 0:29

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合