ここから本文です

藤山直美、初期乳がん…主演舞台「おもろい女」上演中止に

サンケイスポーツ 2/18(土) 4:00配信

 女優、藤山直美(58)が初期の乳がんと診断され、3、4月に名古屋と大阪で予定していた主演舞台「おもろい女」の上演を中止することが17日、わかった。舞台を制作する東宝が発表した。「お客さまにご覧いただけないことを何よりも心苦しく思っております」という藤山は検査を続けており、治療方針を今後決めるという。

 “喜劇王”藤山寛美さんのDNAを継ぎ、数年先までスケジュールが決まっている売れっ子舞台女優を病魔が襲った。

 「この度は私事により、中日劇場・新歌舞伎座公演『おもろい女』を休演させていただくことになりましたことを心より深くお詫びいたします。お客さまにご覧戴けない事を何よりも大変心苦しく思っております」

 女優人生で初めての休演。東宝を通じて発表された直美のコメントから痛恨の思いがにじむ。

 東宝によると、がんは毎年1月に受診してきた乳がん検診で発覚。診断は初期の乳がんで、部位は右側乳房。告知の瞬間、直美は比較的冷静に受け止め、「前向きに治療を受ける」旨を主治医に伝えた。関係者にも「主治医の先生にすべてお任せすることにしたい。ここ10年、毎年1月に乳がん検診を受けてきてよかった」と話したという。

 まだすべての検査が終わっておらず、通院しながらさまざまな検査を受けている状態。東宝は「検査中のため、治療方針も決まっていない」としている。

 “直美倒る”の報を受けて協議の結果、「おもろい女」の中日劇場(名古屋市、3月18~26日)、新歌舞伎座(大阪市、4月1~26日)は全47公演の中止を決定した。

 直美は10月にも東京・シアタークリエで「ええから加減」の公演を控えている。昨年8月に長男が事件を起こした女優、高畑淳子(62)に「高畑さんなしには成立しません」と再共演ラブコールを送った話題作。東宝は「一日も早いご快癒をお祈り申し上げます」と、そのまま上演を予定している。

 「皆々様に少しでも早くお目に掛かれますよう、お医者様の方針に従って治療に専念させていただきます」とコメントを出したように、舞台復帰を誰よりも心待ちにしているのは直美自身だ。

最終更新:2/18(土) 4:00

サンケイスポーツ