ここから本文です

吉見 右肘張りで52球降板 軽症も登録抹消の可能性 スポニチアネックス 7月24日(木)6時45分配信  ◇セ・リーグ 中日6−3DeNA(2014年7月23日 横浜) 中日が連勝で勝率5割復帰も、エースに不安が発生した。先発の吉見が不調で3回4安打3失点。3回を投げ終えた後、右肘の張りを訴え、わずか52球で降板した。軽症のもようだが、昨年6月の右肘じん帯再建術から復帰したばかりだけに、このまま出場選手登録を抹消される可能性も出てきた。[記事全文]

他のランキングを見る

元奪三振王・池谷公二郎の歩み

現役12年間で4度リーグ優勝。現在は野球指導者や解説者としても知られる元広島の池谷氏の歩み。