ここから本文です

老朽インフラ延命、点検技術者5000人養成へ 読売新聞 9月2日(火)3時3分配信  建設から半世紀近くが経過して耐用年数を迎えつつある自治体管理の橋やトンネルなどのインフラ(社会基盤)を巡り、国土交通省は耐用年数を延ばすため、自治体の点検技術者を今後5年で5000人程度、養成する方針を決めた。[記事全文]