ここから本文です

自賠責保険料が4月契約分から値下げへ 値下げは9年ぶり

フジテレビ系(FNN) 1/12(木) 18:53配信

金融庁は12日、自動車損害賠償責任保険の保険料を検討する審議会を開き、4月の契約分から、保険料を値下げする方針を決定した。値下げは、9年ぶりとなる。
自賠責保険、原付きバイクを含む全ての自動車に加入が義務づけられている。
車を購入したり、車検の際などに加入の手続きが求められるが、自賠責保険に加入すると、事故の際、それぞれのケースにあわせて、賠償金が支払われる。
保険に加入せず自動車を運転することは、違法になる。
未加入で人身事故を起こしてしまうと、罰則もあり、賠償金も全て自己負担となってしまう。
その保険料は、2年間の場合、現在、自動車のタイプごとに金額が違うが、4月から、全車種平均して、7%程度の値下げ。
背景には、自動ブレーキの普及など、保険料の支払いが減っていることがあるという。

最終更新:1/12(木) 18:53

Fuji News Network