ここから本文です

(c) Nippon News Network(NNN)

“現場家賃は父親が…”医師ら3人性的暴行

日本テレビ系(NNN) 2/17(金) 20:54配信

 東邦大学医学部出身の医師ら3人が女性を酒に酔わせ、性的暴行を加えたとして逮捕された事件で、その悪質な手口が明らかになった。医師の男らは、飲み会の際「もう少し飲ませよう」などとLINEでやりとりをしていた。また、現場となったマンションは、家賃が月17万円で、上西容疑者の父親の口座から支払われていたという。

■16日、準強姦の疑いで、船橋中央病院の研修医・上西崇容疑者(31)、慈恵医大病院研修医の松岡芳春容疑者(31)、東邦大医学部の学生・柁原龍佑容疑者(25)が逮捕された。

■3人は去年4月、東京・大田区のマンションで、当時10代の女性に酒を飲ませたうえ、集団で性的暴行を加えた疑いが持たれている。

■現場となったのは、上西容疑者が借り、“遊び部屋”として使っていたマンションの一室。パーティーなどが開けるように改装され、酒瓶を置いて照明を取り付けた棚を設置するなど、華やかな内装を施していたという。

■上西容疑者はこの部屋で別の10代の女性にも性的暴行を加えたとみられ、同じような手口で他にも5人の女性に性的暴行を加えたとして、これまでに4回逮捕されている。

■上西容疑者らは、これまでにも10代から20代の女性に対し、「バーベキューパーティーをしよう」などと誘い出し、性行為をするために、罰ゲームなどと称して女性に大量の酒を飲ませていたとみられる。

■さらにその際に上西容疑者は「もう少し飲ませよう」などとLINEのやりとりもしていたという。

■3人の接点はどこにあったのだろうか。

■3人は同じ大学の出身で、上西容疑者と松岡容疑者は大学時代に同じイベントサークルに所属していて卒業後にOBを交えて知り合ったという。実は3人とも、実家は開業医だったという。

■上西容疑者の実家を訪ねると、病院とみられる大きな看板が目を引く。開業医の元で育てられたという上西容疑者。現場となったマンションは、家賃が月17万円で上西容疑者の父親の口座から支払われていたという。

■小中学校の同級生「あまり友達とわいわいする子じゃなくて、おとなしくてまじめでって言う感じ」「(最近の)写真とか見てたら遊んでそうじゃないですけど、180度変わってる、何があったんだろう」

■柁原容疑者も実家は祖父の代から続く開業医だった。柁原容疑者の祖母は―

■「びっくりしましたよ、ただただ普通の子供だと思っているから」「(医師に)当然自分はなるもんだと思っているんでしょうね、こういう家に生まれているから」

■警察の調べに対し、上西容疑者と松岡容疑者は「黙秘します」と供述し、柁原容疑者は容疑を認めているという。

■警察は上西容疑者らが計画的に女性を酒に酔わせ、同様の犯行を繰り返していたとみて調べている。

詳しくは動画で。

最終更新:2/18(土) 19:27

日テレNEWS24