ここから本文です

[追悼] 若宮啓文─その筆法は夢を借りた日本叩き

2016/6/2(木) 10:10配信 有料

WiLL

 朝日新聞の主筆だった若宮啓文氏が亡くなった。旅行先の北京のホテルでの病死だったという。旅先での孤独な死だったのだろう。
「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」
 芭蕉のこの句がふっとよぎった。ご本人にもご遺族にもなんとも寂しい旅立ちだったことだろう。
 もう四十年も前のベトナム戦争中、熱帯病に襲われ、現地で治療してくれた旧日本軍の軍医からこの句をつぶやかれた自分自身の不安を想起して、若宮氏の最期の心情を想った。本文:17,644文字 この記事の続きをお読みいただくには、WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    308円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    206円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員)

最終更新:2016/6/2(木) 10:10
WiLL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WiLL

ワック

2017年7月号
5月26日発売

特別定価800円(税込)

【森の遺書】 小池劇場こそ伏魔殿! 五輪、このままじゃ危ないよ
【総力特集】 半島危機の核心