ここから本文です

日本人よ、いつまで沖縄の暴走を許すのか

2016/7/5(火) 9:00配信 有料

WiLL

米兵の犯罪はごくわずか

 今年の四月、嘉手納基地で働く元海兵隊員の米軍属の男が強姦殺人事件を起こし、あらためて米軍基地反対運動を再燃させました。
 たしかに、基地がなければ犯人も沖縄にいなかったのだから今回の犯罪は起こらなかった。それはその通りだと思います。ただ、基地があろうとなかろうと、どの社会にも狂った人間はいる。それは国籍には関係ない。本文:11,494文字 この記事の続きをお読みいただくには、WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    308円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    206円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

ロバート・D・エルドリッヂ(政治学者・元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長)

最終更新:4/12(水) 12:21
WiLL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WiLL

ワック

2017年7月号
5月26日発売

特別定価800円(税込)

【森の遺書】 小池劇場こそ伏魔殿! 五輪、このままじゃ危ないよ
【総力特集】 半島危機の核心

WiLLの前後の記事