ここから本文です

戦闘機の攻撃動作 もはや空のテロリストだ!

2016/8/8(月) 13:30配信 有料

WiLL

 なぜ危機を隠すのか。これは第二の田母神論文、第二の一色事件だ!
 ──元航空自衛隊司令官の織田邦男元空将がインターネットのサイトに、「中国軍の戦闘機が東シナ海上空で、空自のスクランブル(緊急発進)機に対して攻撃動作を仕かけ、空自機は自己防御装置を使用してミサイル攻撃を回避しつつ戦域から離脱した」とする論文を発表しました。我々は尖閣諸島上空で緊迫した事態が日々起こっている事実を知りました。ただ、上空で実際に何が行われたのか、よく分かりません。そこで、空自ご出身のお二人に、どのような事態になっていたのか、推察してご解説を頂きたいと思います。また、迫りくる中国の脅威に我が国はどのように対応したらよいかについても、おうかがいしたいと思います。本文:14,947文字 この記事の続きをお読みいただくには、WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    308円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    206円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

佐藤 守(軍事評論家)X 潮 匡人(評論家・拓殖大学客員教授)

最終更新:4/12(水) 12:18
WiLL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WiLL

ワック

2017年7月号
5月26日発売

特別定価800円(税込)

【森の遺書】 小池劇場こそ伏魔殿! 五輪、このままじゃ危ないよ
【総力特集】 半島危機の核心

WiLLの前後の記事