ここから本文です

ローマは移民(グローバリズム)で滅んだ

2016/9/1(木) 9:00配信 有料

WiLL

はじめはローマ化

──米国内に渦巻くTPP反対論、英国のEU離脱などをみると、世界中で吹き荒れたグローバリズムの嵐は終焉を迎えつつあるのではないか──。最近そうした言説を見かけることが多くなりました。歴史をさかのぼれば、長きにわたり栄華を誇ったローマ帝国の滅亡も、民族移動=すなわち移民問題が主な要因ではないか。今日はローマ帝国の滅亡から何を学び、どう生かせばよいのか、をお尋ねしたいと思います。本文:15,717文字 この記事の続きをお読みいただくには、WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    308円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    206円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

渡部昇一(上智大学名誉教授)・本村凌二(東京大学名誉教授)

最終更新:4/12(水) 12:17
WiLL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WiLL

ワック

2017年8月号
6月26日発売

特別定価800円(税込)

【総力特集】 中国の野望に備えよ
【加計学園問題】 前川前次官は官僚のクズ

WiLLの前後の記事