ここから本文です

洗濯マイスターが伝授!収納前の「水着」の洗い方

東京ウォーカー 2016/9/30(金) 20:00配信

知っているようで、案外知らない「水着」の正しい洗い方。今からでも遅くありません。収納前にもう一度、色あせや形崩れを防ぐ正しい方法で「しまい洗い」を。

【写真を見る】ブラはパッドを出してブラ用洗濯ネットへ、ショーツも小さめの洗濯ネットへ。パーツごとにネットに入れるのが正解

【水着】

1.パーツを分けてネットに入れる/ブラジャーは中のパッドを出し、ホックなどを留めてブラジャー用洗濯ネットへ。ショーツは小さめのネットへ。おしゃれ着用洗剤を使い、ドライコースか手洗いコースで洗います。パッドは手洗いを。

2.生地を引っ張らないように干す/ブラジャーは生地を伸ばさないよう、引っ張らずにアンダー部分を留めて干すのがコツ。パッドはネットに入れて干すと、洗濯ばさみの跡もつかず、形崩れなく乾かせます。陰干しで色あせを防いで。

【洗う前にやっておきたいこと】

プールで着用した場合は、脱いだあとすぐに水洗いして塩素を落として! 塩素がついたままだと色あせの原因に。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:2016/9/30(金) 20:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

保存版全200スポット
いま鎌倉でしたいこと。
鎌倉さんぽ&ごはん手帖付き
春の東京新名所