ここから本文です

たった400円でかわいい!100均水切りネットで「ハロウィーン衣装」

東京ウォーカー 2016/10/13(木) 6:00配信

日本でも人気イベントとして定着しつつあるハロウィーン。仮装に挑戦してみたいけど、既製品は高いし、裁縫も苦手…。そんな人は、結ぶ・貼るだけでできる、手作りの衣装にトライ! 材料は全部100円ショップで揃います。

【写真を見る】材料はすべて100均で揃えて400円!



【ふわふわチュチュの作り方】

材料/目が粗い円柱形の洗濯ネット(Lサイズ)1個、水切りネット(オレンジ、イエロー)合計約80枚、平ゴム(1cm幅)約50cm

道具/セロハンテープ適量、はさみ



1.洗濯ネットを切り、チュチュの土台を作る

洗濯ネットの天面と下の部分を切り落とす(半分の長さに切ると、 1個のネットで 2つのチュチュの土台が作れる)。



2.水切りネットの角を洗濯ネットの穴に入れる

オレンジの水切りネットの底側の角を、パイピングのすぐ下の穴に通す(角を折り先端を細くすると入れやすい)。約4cm引き出しキープする。



3.3~4個隣の穴に、別の水切りネットを入れ結ぶ

2で入れた穴の3~4個隣の穴にイエローの水切りネットを通し、2で通したネットの先と合わせてかた結びする。さらに3~ 4個隣で2と3を繰り返し、洗濯ネットを1周する。



4.10個下の穴に2段目の水切りネットを結んでいく

1段目の10個下の穴に、すべてオレンジの水切りネットで2と3の工程を繰り返して 2段目を結んでいく。



5.ウエストの部分にゴムを入れる

パイピングの下の空いている穴に平ゴムを並縫いのように通して 1周し、ウエストサイズに絞って先をかた結びする。ゴムの先端にテープを巻き細くすると、ゴム通しなしでも通しやすい。



●もっとボリュームを出したいなら

水切りネットを返して丸みを出す/水切りネットの内側に手を入れ、結んでないほうの角をつまんでひっくり返し、ボリュームを出す。そのあと全体のシルエットを整える。

※水切りネットは、メーカーによってサイズが異なります。チュチュの丈に合わせて好みで選んでください。また土台の長さも、段の数も体のサイズに合わせて変えて作ってください。



ふわふわチュチュがたった400円で出来るなんて、トライしない手はありませんね!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:2016/10/13(木) 20:45

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

保存版全200スポット
いま鎌倉でしたいこと。
鎌倉さんぽ&ごはん手帖付き
春の東京新名所

Yahoo!ニュースからのお知らせ