ここから本文です

防災体験のすすめ。家族で「防災キャンプ」してみる

東京ウォーカー 2016/10/13(木) 20:00配信

「非常食を食べてみる、携帯用の調理器具を使ってみる、避難所までの道を歩いてみる。実際に行動してみることで、新たに必要なものや、改善したほうがいいことが見えてきます。万一のときも、落ち着いて行動できます」と、NPO法人ママプラグ認定アクティブ防災ファシリテーター・宮丸みゆきさん。例えば、今の時期に家族で体験できるものは……

【写真を見る】野外で寝るだけでもOK。防災訓練をアウトドアの楽しみの一つとして体験してみよう



【野外で寝るだけでもOK! 防災キャンプ】

難しく考えず、自宅の庭などで寝袋で寝てみるだけでもいい経験に。「例えば食事は1食は非常食を食べ、1食は普通にアウトドア料理を作ったり、おいしいものを食べに行くのでもいいと思います」。キットの使用方法を覚え、非常食の味を確かめ、日常と異なる状況で寝る体験ができれば充分。気軽に楽しんでできる程度に実践を。



経験値を積んでおくことで、非常時に大きな安心材料になります。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:2016/10/13(木) 20:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

保存版全200スポット
いま鎌倉でしたいこと。
鎌倉さんぽ&ごはん手帖付き
春の東京新名所

Yahoo!ニュースからのお知らせ