ここから本文です

“ドローン動画バブル”は本物か?優良な動画ベンチャーも続々登場も…空撮関連ビジネスが抱える光と影

サイゾー 2016/10/13(木) 15:00配信 有料

――昨年頃から頻繁に話題に上るようになったドローン。その主たる活用方法とされているのが、“空撮”だ。これまでヘリコプターなどでは入り込むことができなかった領域でのドローン空撮に、期待が寄せられている。しかし、ドローン動画に金脈を見いだす新規ビジネスは、必ずしも優良なものばかりではないようで……? 最前線に迫った。

 新たな撮影機材、また撮影手法としてここ最近目にする機会が増えたテクノロジーといえば、ドローンだ。ドローンで撮影した動画はすでに、映画、テレビ、ミュージックビデオ、アート作品など、さまざまな領域で使用され始めて久しい。映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』、バラエティ番組『絶対に笑ってはいけない名探偵24時』『はじめてのおつかい』(共に日本テレビ)など、ここ1~2年だけでもドローン動画が取り入れられた映像作品の例は枚挙にいとまがない。

 メーカー側も、動画をより安定的かつハイクオリティに撮影できるよう、機体開発を加速させている。例えば、世界最大のドローンメーカーであるDJI(中国)は、クリエイターや、カメラメーカーと提携を推進。すでに、名門カメラメーカーであるハッセルブラッド社の株式を一部取得したという報道がある。本文:8,604文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:2016/10/13(木) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2017年4月号
3月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:日本一危険な雑誌ガイド
第2特集:共謀罪ほか「悪法の研究」
第3特集:下着の考証学

Yahoo!ニュースからのお知らせ