ここから本文です

『フォーブス』誌による故人長者番付トップ10。1位はマイケル・ジャクソン!

VOGUE JAPAN 2016/10/17(月) 23:30配信

マイケル・ジャクソンがすでに亡くなった著名人の中で、過去一年で最も収益を上げた人物となった。2009年6月に50歳で他界したマイケルは、2015年10月から2016年10月の間に音楽のセールスより8億2500万ドル(約860億円)を稼ぎ出し、フォーブス誌が発表した故人長者番付で4年連続トップに立った。

マイケル・ジャクソン/Michael Jackson」に関する記事ページ

この巨額の収益には、ビートルズのレア曲などのカタログを有するソニーATVミュージックパブリッシングの持ち株の半分の売却による利益も含まれている。

今回のリストにはプリンスやデヴィッド・ボウイらも新たに登場しており、睡眠薬フェンタニルの過剰摂取により4月に57歳で他界したプリンスは2500万ドル(約26億円)で5位、密かな闘病生活の末にがんで他界したボウイは1050万ドル(約11億円)で11位となっている。

ほかにミュージシャンではエルヴィス・プレスリーが2700万ドル(約28億円)、ボブ・マーリーが2100万ドル(約22億円)、ビートルズのジョン・レノンが1200万ドル(約12億円)でトップ10入りを果たしている。

Text by Bangshowbiz

最終更新:2016/10/17(月) 23:30

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年4月号
2017年2月28日発売

700円(税込み)

「ヴォーグが提案する「新しいフェミニン」
綴込企画は世界初の春開催!FNO神戸」

Yahoo!ニュースからのお知らせ