ここから本文です

更年期世代のニキビ対策に、ティーンのにきび用BBクリームが最適!?

OurAge 2016/10/31(月) 12:00配信

更年期世代になってできるニキビ。「水分を角質層に補給するケアが大切ですが、それと同じ位、またはそれ以上に見直して欲しいのがファンデーション。ファンデでニキビが悪化することはよくあります」とは、美容家、オーガニックスペシャリストの吉川千明 さん。

「私は自然由来のミネラルを用い、ポリマーを用いていない、圧迫感の少ないミネラルやナチュラルメイクを選んで使っています。ミネラルメイクというと『粉』『パウダー』を思い出しますが、だんだんと乾燥がひどくなってくるこれからの時期は、パウダーは加減して使うようにして、クリームやBBタイプなど、保湿しながらメイクできるものを選ぶようにしています」

お奨めは、フランスのオーガニックメイク「クルールキャラメル」のBBファンデーション。実は、ティーンエイジャーのニキビ用のBBクリームなのだそう。

「プロポリスを配合していて、ニキビに最適です。ティーン用なのですが、オーガニックのアルガンオイルをたっぷりと配合し、なめらかで保湿力にも優れているので、ミドルエイジ世代のファンデーションとしても、とてもお奨めです。肌あれに悩む人にも安心してお奨めできます」

そしてこれから乾燥の季節に入るだけに、もう一度いつものお手入れが自分に合っているものなのか見直して、と吉川さん。

「肌にあわず、つけたところがイガイガする、痒い、そんな時はスキンケアやメイク製品が肌に合っていないサイン。心地よいと感じることは今の肌に合っている証拠。『〇〇用』と書いてあっても肌が心地よいと感じないものは、NG。丁寧に作られたよい化粧品を見つけてください」

イギリスの『オーガニックボタニクス』も、シンプルながら良質なスキンケアシリーズだという。

「クレンジングは1種類。化粧水も1種類。美容液はオイルが2種類。クリームは軽いのと重いのと1種類づつ。若い時から、こんなスキンケアに出会って、肌を大切にして欲しいなと思います」

今!の自分の肌にあったスキンケア、ベースメイクが更年期世代のニキビケアに大切なことなのだ。

最終更新:2016/10/31(月) 12:00

OurAge

Yahoo!ニュースからのお知らせ