ここから本文です

拉致 ドキュメンタリー映画『将軍様、あなたのために映画を撮ります』 隠し録りされた金正日の肉声と冷血

2016/11/1(火) 9:00配信 有料

WiLL

愚鈍ではない

 北朝鮮の拉致に関するドキュメンタリー映画が公開された。二人の英国人監督が撮った『将軍様、あなたのために映画を撮ります』(9月24日から日本で上映)だ。この映画は、私のような北朝鮮研究者にとってたいへん興味深い内容を含んでいる。本稿では北朝鮮理解という側面からこの映画について論じたい。
 ポスターを見ると出演者に「チェ・ウニ、シン・サンオク、金正日、元米CIA職員ほか」と記されている。そして、金正日を真ん中にして向かって左にシン・サンオク、右にチェ・ウニが並ぶ写真が大きく印刷されている。「チェ・ウニ」は崔銀姫、韓国の映画女優、「シン・サンオク」は申相玉、韓国の映画監督だ。二人とも韓国の映画界を代表する女優と監督で、日本で言えば吉永小百合と黒澤明というようなところかもしれない。なぜ、この二人が金正日といっしょに写真に写っているのか。本文:8,565文字 この記事の続きをお読みいただくには、WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    308円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    206円/月(初月無料)

WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの記事一覧へ戻る

西岡力(東京基督教大学教授)

最終更新:4/12(水) 12:15
WiLL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WiLL

ワック

2018年1月号
11月25日発売

特別定価840円(税込)

【総力特集】 日本経済は一躍トップランナー
【特集】 トランプ大統領アジア歴訪の重力波