ここから本文です

強いアメリカを期待 「ヒラリー幻想」を戒める

2016/11/1(火) 9:00配信 有料

WiLL

トランプなら大惨事!?

坂元 アメリカ大統領選挙は、第2回テレビ討論会あたりから、トランプの女性スキャンダルが次々に出てきて、クリントンのますますの優勢が伝えられています。世論調査の数字の浮き沈みは別にして、賭けをやっている人たちの間ではクリントンの優勢はずっと続いていて、今はもう、「クリントン85対トランプ15」とかになっています。
中西 もうここまで来たら、あの頃以上に勝負あった、という感じですね。今や、よほどのハッピー・ルーザー(負け好きの人)でない限り、いやでもクリントンに賭けるでしょう。
 それにしても、あの「トランプ旋風」って何だったんでしょうね。最初から思っていたのですが、今回の大統領選は、何だか「やらせ」あるいは「出来レース」だったようにも感じます。多くの前例がありましたが、とくに1940年のルーズベルトの三選を思い出しましたね。本選ではまず絶対に勝てない人物を共和党の候補に仕立てるやり方が酷似していますからね。この本(“Desperate Decep-tion” by Thomas Mahl)は、それを克明に描いています。どう考えても、トランプの発言はひどすぎました。本文:11,316文字 この記事の続きをお読みいただくには、WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    308円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    206円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

中西輝政(京都大学名誉教授)・坂元一哉(大阪大学教授)

最終更新:4/12(水) 12:14
WiLL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WiLL

ワック

2017年12月号
10月26日発売

特別定価840円(税込)

【総力特集】 ユリノ魔術(マジック)の正体
【国難はこれから】 安倍政権でよかった!