ここから本文です

2日間シャワーを浴びないと起こりうる悲劇

MEN’S+ 2016/11/15(火) 22:16配信

シャワーを浴びないで 生活している人も少数派のあなたへ

 多くの男女にとって、シャワーを浴びるのは日々の習慣です。でも、時間に押されて慌てているとき、このシャワーセッションをサボろうと1度でも考えたことがある人がいるなら、その考えは改めた方が良いでしょう。 
 
 ウェブメディアの「TwentyTwoWords」に掲載された記事によると、2日間続けてシャワーをしなかった場合、かなりゾッとする数々の影響があなたの体に起こることが分かっています。 
 
 まず、バクテリアの問題が生じます。人間は約1,000種類のバクテリアを体に持っています。同サイトによると、これらほとんどが体に良いものである一方で、石鹸と格闘しなければならない悪玉も存在します。 
 
 「シャワーをしないと、悪玉バクテリアを阻止することができません。もし奴らが、あなたの目、鼻、口へ入り込んだとしたら、あなたは病気になってしまうでしょう」と、同サイトは説明しています。 
 
 また、バクテリアは体臭の原因でもあります。実際にバクテリアから発せられるガスが、30種類の悪臭を引き起こしていることが報告されているのです。なんて話でしょう!

 シャワーをサボるという気持ちをこれでも変えられないのなら、もう1つの方法である、体をきれいに保たなければならない理由を教えてあげましょう。これは、健康な肌にとって重要なことでもあるのです。シャワーは肌に含まれる油が酸化するのを防ぎ、肌をシミから守る作用があります。これは定期的にワークアウトをしている人なら、特に重要なポイントと言えるでしょう。 
 
 「湿気や塩分たっぷりの汗を吸収した服が、ワークアウトの後も長期間肌に密着していると、肌の炎症を引き起こすだけでなく、小さな摩擦や肌の擦り剥けのリスクも高まります」と、女性のヘルスケアを扱う医師、ホリー・L.フィリップス氏が「さらに、ブドウ球菌や“いんきんたむし”の原因になるバクテリアの増殖や菌感染のリスクも高まります」と。「Women's Health」誌にコメントしています。 
 
 もし、どうしてもシャワーをサボらなければならないなら、ジムの服を着替えることは絶対必須だとフィリップ氏は語っています。また皮膚科医は、特に脇の下、股間、顔面のようなエリアは、バクテリアを誘引する傾向があるため常に清潔に保つべきだと助言しています。 
 
 しかしながら、シャワーのし過ぎも肌に良くないらしい。大のシャワー好きが聞いたらガッカリする情報であることでしょう。 
 
 長時間のシャワーは、人間の体から油分を取り去ってしまうため、カサカサと乾燥した肌になる可能性があるということです。結論として前向きな点としては、ただ「君の汗臭さに文句を言う人は誰もいないだろう」ということだけは期待できます。それでよかったらどうぞ!

ESQUIRE US

最終更新:2016/11/15(火) 23:32

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!