ここから本文です

6500万年前に恐竜を滅ぼした小惑星衝突の「タイムライン」が明らかに:調査結果

WIRED.jp 2016/11/30(水) 12:30配信

6500万年前、ユカタン半島に衝突した直径約12kmの小惑星(火星の衛星ダイモスと同じ大きさだ)は、恐竜絶滅の大きな原因のひとつとされている。その衝突は非常に破壊的なもので、19万ギガトンの核爆発に匹敵するエネルギーを放出したという。参考までに挙げると、これまでに製造された最も強力な爆弾「ツァーリ・ボンバ」の爆発力ですら、わずか20分の1ギガトンだった。

【恐竜を絶滅させたのは「隕石だけ」じゃなかった:研究結果】

小惑星が衝突したことが最も明白なものとして残る痕跡が「チクシュルーブ・クレーター」だ。ロンドン・インペリアル・カレッジの地球物理学者たちの調査隊はこのクレーターを調査し、地球の様相を変え新しい生態系の発生を促したこの大災害がどのように起きたかを明かしている。

テキサス大学オースティン校のショーン・ギューリックの率いる調査隊は、海面下にまで及ぶクレーターのさまざまな深さにおいてボーリング調査(地下の岩石標本の抽出)を実施した。

深さ506mから採取された標本は、小惑星が衝突したのちの非常に長い時間、5600万年~3400万年の年月をかけて沈殿した堆積物だと判明した。調査隊が掘り進めば進むほど、地殻の奥底に由来する花崗岩によって構成される結晶質基盤の存在がより多く発見された。

「これは、小惑星の衝突が文字通り、地殻をすべて逆さまにひっくり返すくらい強力だっただろうことを示しています」と、調査隊のメンバーの1人、ジョアナ・モーガンは語る。

研究者たちのチームは、さまざまな深さで岩石の構成を詳細に分析し、衝突の厳密なタイムラインを再構成することに成功した。

まず、小惑星は地殻のほとんどすべてを貫通して、そのとき岩石は約10分間、25kmの高さまで上昇したという。その後、形成されたばかりの新しいクレーターの縁には、ヒマラヤ山脈よりも高い岩石層が隆起した。そして、わずか3分間でその場に再び崩れ落ち、地層の中にピークリングと呼ばれる結晶質基盤の輪を残した。同じように、クレーターの中央では岩石の頂上が天に向かって飛び出して、その後、再び地表へと崩れ落ちた。コーヒーカップの中に角砂糖を入れたときと同じような現象だ。10分後に岩石は安定した。

「そのとき岩石が液体のように振舞ったといっても、決して完全に溶解したわけではありません」と、ギューリックは語る。「どのようにして起きたのかわかりませんが、おそらく、衝撃波が岩石を結びつけていた結びつきを破壊して密集状態を失わせ、塊が一時的とはいえ液体であるかのように振る舞うことを可能にしたのでしょう」

さらに、衝突によって放出された信じられないほどの力は惑星全体を横断する衝撃波を呼び起こし、マグニチュード10に達する地震を次々に引き起こした。その力はどんな断層が生み出すよりも破壊的なもので、地表を滅茶苦茶にした。

「わたしたちの発見は、惑星の内部がどのようになっているかについて手がかりを与えてくれる最高のものです」と、モーガンは続ける。「さらに、この大災害は地上の生命を根本的な変える、大きな転換点となりました。衝突が原因で変形した岩石だけをとって考えても、形成された割れ目や穴からは水がより流れやすくなるようになり、それまで地上に見られなかった、新しい生命形態の発達のために理想的だったであろう生息環境をつくり出したのです」

MATTIA MACCARONE

最終更新:2016/12/2(金) 20:35

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.27』

コンデナスト・ジャパン

2017年2月13日発売

630円(税込み)

現代の科学を問う「サイエンス」特集。「科学はいかに『自由』を取り戻すのか」また、アメリカの戦いの時代の姿を描くレポート「ふたつのアメリカ」も掲載。

Yahoo!ニュースからのお知らせ