ここから本文です

【鹿島】小笠原はなぜ、表彰式での“大役”を石井監督に託したのか?

SOCCER DIGEST Web 1/1(日) 21:06配信

小笠原の想いを汲んだ石井監督が、天皇杯を高々と掲げる。

[天皇杯決勝]鹿島2-1川崎/2017年1月1日/吹田S
 
 表彰式で、いよいよ天皇杯を掲げるその時だった。中央で杯を受け取った小笠原は、端にいた石井監督のもとへと行き、指揮官にその大役を託そうとする。
 
 最初は遠慮していた石井監督だが、最後は小笠原の熱心な誘いを受けて、高々と天皇杯を空高く掲げてみせた。
 
「間違いなく、石井さんが作ってきたこのチーム。まあ、いろいろあったけど、石井さんのおかげで、ここまで来れたので」(小笠原)
 
 チームのことを最優先に考える、実に小笠原らしい粋な計らいに、今のチームの団結力や一体感が見て取れる。“二冠”を達成したラストに相応しいワンシーンだった。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【天皇杯決勝PHOTO】鹿島 2-1 川崎|ファブリシオ弾で鹿島が今季二冠&通算19冠を達成

最終更新:1/1(日) 21:07

SOCCER DIGEST Web