ここから本文です

【月刊『WiLL』(2月号)より】助けず・教えず・関わらず 韓国には「非韓三原則」でいけ

1/5(木) 14:20配信 有料

WiLL

なぜそんなに騒ぐ?

加藤 韓国の朴槿惠騒動ですけれど、僕はなにかピンと来ないんです。国民が100万人も集まって、辞めろ、辞めろと大騒ぎしているのに、朴槿惠大統領はあまり無念だという顔をしないし、淡々としている。なんだか現実感がないんですよね。
高山 朴槿惠の母親、つまり朴正熙大統領夫人の陸英修が、大統領を狙った在日の文世光の銃弾に当たって亡くなり、朴大統領も1979年にKCIA部長金載圭に暗殺されて、朴槿惠は一人ぼっちになる。崔太敏と崔順実という、あの怪しげな親子はその孤独感につけこんだ。それ以来、朴槿惠は洗脳されて彼らの操り人形になったという話だね。本文:22,166文字 この記事の続きをお読みいただくには、WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    308円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    206円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

高山正之(ジャーナリスト)・加藤清隆(政治評論家)

最終更新:4/27(木) 16:09
WiLL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WiLL

ワック

2017年12月号
10月26日発売

特別定価840円(税込)

【総力特集】 ユリノ魔術(マジック)の正体
【国難はこれから】 安倍政権でよかった!