ここから本文です

“991分間”無得点のネイマールをスペイン紙が酷評 「多くのドリブルが盲目的で見劣り」

1/9(月) 10:12配信

Football ZONE web

「ボールロスト30回、パス失敗15回」と、ビジャレアル戦での低調さを数値で示す

 バルセロナが誇る「MSNトリオ」の一角、ブラジル代表FWネイマールが決定力という面でスランプに陥っている。リーガ・エスパニョーラ第17節ビジャレアル戦で得点をマークできなかった背番号11は、991分間連続無得点の状況に陥っていると、スペイン紙「マルカ」が報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 この試合、後半5分にビジャレアルに先制を許したバルセロナは同45分、メッシの圧巻の直接FK弾で1-1に追いつき、辛くも勝ち点1を確保した。しかしナンバー10がチームを救う一方で、長いトンネルを抜け出せないのがネイマールだ。

 ビジャレアル戦でも何度か決定機を迎えたものの、シュートチャンスを生かしきれず。至近距離から放ったオーバーヘッドキックが大きくクロスバーの上を越えていく場面が象徴的だった。

 同紙はこの日のネイマールの出来について、数字を示しつつ辛辣だった。

「エル・マドリガルで計30回もボールロストし、ゴールネットに突き刺すことはできなかった。ネイマールは良くなかった。計15回のパス失敗、多くのドリブルが盲目的なコースで見劣りするものだった」

昨年10月のCLマンC戦以来ゴールを奪えず

 ネイマールの不調は長期間にわたっている。公式戦でゴールを奪ったのは昨年10月19日のUEFAチャンピオンズリーグ、マンチェスター・シティ戦(4-0)まで遡らなければならず、連続ノーゴールは991分間にまで伸びてしまった。またリーガに限れば、第7節セルタ戦(3-4)以来ゴールネットを揺らせていない。

 昨秋にはバルサと2021年までの契約延長を締結したネイマールだが、長引くスランプから脱却することはできるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:1/9(月) 10:12
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ