ここから本文です

MEGA地震予測 熊本・鳥取をピンポイントで予測できた理由

NEWS ポストセブン 1/10(火) 16:00配信

 2016年は4月の熊本地震、10月には鳥取県中部地震と、相次いで大きな地震が発生した。余震を含めると、震度5弱以上の地震が計27回(2015年は10回)も起きた“異例の年”だった。両県とも、これまで地震が多いとされる地域ではなかった。そのため、「どこで大地震が起こってもおかしくない」という不安が、日本中を覆っている。

 そんな中、我々が頼るべき重要な指針が「MEGA地震予測」だ。2016年は村井俊治・東大名誉教授の予測の精度の高さが改めて実証される1年となった。

 特に、4月の熊本地震と10月の鳥取県中部地震では、それぞれ発生3か月前の本誌記事で「熊本」と「鳥取」を新たな警戒ゾーンに加え、警告を発していた。なぜ、村井氏はピンポイントで大地震を予測することができたのか。理由は独自の予測法にある。

「MEGA地震予測」のベースになっているのが、全国1300か所に設置された国土地理院の「電子基準点」のGPSデータである。

 そのデータから、地表のわずかな動きを捉え、1週間ごとの基準点の上下動による「異常変動」、地表の長期的な「隆起・沈降」(上下動)、地表が東西南北のどの方向に動いているかの「水平方向の動き」の3つの指標を主に分析し、総合的に予測している。

 つまり、地表の動きを即座に反映することで、予測を微調整し、ピンポイントに異常が指摘できる。「その地域で過去に地震が起こった頻度」から地震発生確率をパーセンテージで予測する従来の地震学とは「手法」も「思想」も根底から異なるのである。村井氏が指摘する。

「6年前の東日本大震災以降、日本列島では地表の大変動が起きている。昨年の熊本地震以降、その変動幅は拡大し、今も広がっています。そのため、今年は昨年以上に大きな地震が起こる可能性がある」

 村井氏が顧問を務める民間会社JESEA(地震科学探査機構)の協力で作成した「異常変動全国MAP’17」を見ると、各地で異常変動が起きていることが分かる。

1/2ページ

最終更新:1/10(火) 16:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ