ここから本文です

【高校女子サッカー選手権】なでしこでの活躍を予感させるダイヤの原石たち10選

SOCCER DIGEST Web 1/10(火) 6:00配信

GK・DF――準優勝の大商学園・守護神の西村は勝負度胸も抜群。

 どのチームでも最も上手い選手は、トップ下、ボランチで起用されることが多い。その結果、なでしこリーグでも、なでしこジャパンでも、ゲームメーカータイプは人材豊富。一方で、GK、DFやサイドのスペシャリスト、そしてペナルティエリア付近で仕事ができる選手はニーズが大きい。
 
 そうした点も考慮しながら、近い将来になでしこリーグで主力として活躍できる選手、なでしこジャパンのユニホームに袖を通す可能性のある原石を探し、10名をピックアップした。
 

【PHOTO】未来のなでしこ入りを予感させた注目プレーヤー10選

 
【GK】
西村清花(大商学園/3年)
安定したセービングを見せ、ハイボールやクロスも強い。キックも正確で飛距離が出る。そして準決勝のPK戦で見せた勝負度胸。大商学園の決勝進出は、彼女抜きでは考えられない。
 
中原冴彩(神村学園/3年)
絶えないコーチングと、正確なシュートストップは、理想に挙げる神村OGの福元美穂にそっくり。準決勝まで常連校と当たり続けて4試合・1失点、PK被成功率5割は優秀だ。
 
【センターバック】
熊谷明奈(十文字/3年)
ボランチでも通用する大きな展開力で、最終ラインからのビルドアップに貢献した。守備では、日ノ本学園、大商学園など強豪のパワープレーにもしっかりと対応し、これを弾き返した。
 
【サイドバック】
守屋栞奈(開志学園JSC/3年)
今大会はサイドハーフで起用されたが、兼用されたサイドバックのほうがチャンスは広がりそう。強いハートの持ち主で球際でのボディコンタクトに強い。なでしこリーグのレベルにも、すぐに順応できるだろう。
 
常田菜那(大商学園/3年)
戦術眼に優れたサイドバックで、主将の久保田を支えるなどピッチ外での貢献度も高かった。決勝では十文字・松本に手こずったが、彼女でなければ無得点に封じることはできなかったはず。
 

MF・FW――優勝した十文字の両翼は最大のストロングポイントに。

【サイドハーフ】
松本茉奈加(十文字/3年)
蔵田との両翼は十文字最大のストロングポイントだった。圧倒的なスピードを生かして、マッチアップする相手を圧倒。ステージが上がるごとに得点を奪い、存在感を増していった。
 
蔵田あかり(十文字/2年)
ストライカー色の強い松本に対して、こちらは汎用性に優れたサイドハーフ。技術、スピード、戦術眼を高いレベルで身につけている。プランや状況に応じて、攻守のバランスを変えていた。
 
宮澤ひなた(星槎国際湘南/2年)
1回戦で姿を消したが、強豪・日ノ本から2得点・1アシスト。MVP候補に挙げられたU-17女子ワールドカップを経験し、守備でも惜しみなく汗をかけるようになった。課題はスタミナか。
 
【FW】
平川杏奈(修徳/2年)
チーム全体でのシステマチックな守備もこなしながら、4試合で8ゴール。そこには常盤木学園戦の2点も含まれているのだから価値がある。2位に3点差をつけ、大会得点王に輝いた。
 
目原莉奈(日ノ本学園/3年)
3点ビハインドを背負った星槎国際湘南戦で、人を食ったようなループシュートで得点。チームに自信を取り戻させた。プレッシャーに潰されない強いメンタルは、これぞストライカー。

取材・文:西森 彰(フリーライター)

最終更新:1/13(金) 1:07

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ