ここから本文です

新型レクサス LSがデトロイトショーで登場──11年ぶりのフルモデルチェンジ

1/11(水) 21:12配信

GQ JAPAN

1月9日、レクサスは開催中のデトロイトモーターショーで、フラグシップ4ドアセダン「LS」を11年ぶりにフルモデルチェンジ。世界初披露した。

『レクサス新型LSの動画とフォトギャラリーはこちら』

2017年、新年一発目の国際モーターショーとなった「北米国際自動車ショー(デトロイトショー)」で、5代目に当たる新型レクサス LSが、まずはガソリンエンジン仕様のLS500からワールドプレミアを飾った。

レクサスのフラッグシップモデル「LS」は、前作となる4代目F40シリーズのデビューから早くも11年が経過。「スピンドルグリル」を採用した後期型のマイナーチェンジからも既に4年が経ち、また2015年の東京モーターショーでは、次世代フラッグシップサルーンを示唆するとも言われた燃料電池コンセプトカー「LF-FC」を参考出品したことから、LSシリーズのフルモデルチェンジは、もはや時間の問題と目されていた。

1989年に「LS400(トヨタ初代セルシオ)」として誕生して以来、穏当で上質なプレステージサルーンとして認知されてきた歴代LSシリーズ。ところが今回の新型LSでは、近年デザインコンシャスであることを前面に押し出しているレクサスらしく、驚くほどにアグレッシヴなデザインへとメタモルフォーゼ(変身)を遂げていた。

真っ先に目に飛び込むのは、一足先に「LC クーペ」にも採用された次世代アーキテクチャー「GA-Lプラットフォーム」によって得た、その低く構えたプロポーションだ。ボディサイズは全長5235mm×全幅1900mm×全高1450mmで、先代LS460より145mm長く、25mm広く、15mm低い。ホイールベースは155mm長い3125mmだ。

また、ボディ形状は流麗なLF-FCコンセプトでさえオーソドックスな4キャビンレイアウト(車体側面にウインドウガラスが片側2枚ずつ、計4枚が配置された形状)だったのに対し、新型では、これまでのセダンとは一線を画す斬新なクーペシルエットを創りだすため、6ライトレイアウト(片側3枚ずつ計6枚)へと変更。フロントからリヤまで抜けるシャープな基本立体から、フェンダーがダイナミックに突き出す構成とした。

その結果、メルセデス・ベンツ SクラスやBMW 7シリーズなど、強豪ひしめくFセグメントのフラッグシップサルーンのなかでも、突出して先鋭的なスタイリングを獲得したと言える。

今回発表された基幹モデルの「LS500」では、パワーユニットを初代以来引き継いできた自然吸気V8エンジンから、ダウンサイジング時代に適応した新開発のV型6気筒3.5リッター+ツインターボエンジンへとスイッチ。最高出力421ps(310kW)/5200-6000rpm、最大トルク61.0kgm(600Nm)/1600-4800rpmという、先代「LS460」を遥かに上回るパフォーマンスを獲得した。加えて、こちらも新開発となる10段ATを採用。優れた環境性能や快適性、そして切れ味の良い加速をより高次元で両立するという。

そして新型LS500では、レクサスのフラッグシップに相応しい最先端の予防安全パッケージが数多く搭載されるのも重要なトピックだ。車両への追突、対歩行者、走路逸脱、交差点(出会い頭衝突)という、深刻な事故につながる4つの事故形態をカバーするほか、危険な状態に近づいてしまう前の「注意喚起」の領域でのドライバーへの情報提供から、衝突回避の領域における自動操舵を利用した「操舵回避」まで、事故の防止を支援する新機能を搭載するとのことである。

加えて、自動操舵で衝突回避支援する「プリクラッシュセーフティ」を世界で初めて採用した。進行方向に歩行者が飛び出してきた場合に、車両前方のカメラで衝突の可能性を検知。大型HUD(ヘッドアップディスプレイ)に表示することで、従来の警報よりも早いタイミングからドライバーを危険な状態に近づけないよう注意喚起する。

さらにはカメラとミリ波レーダーの情報に基づき、自動でブレーキが作動。ブレーキだけでは回避できないとシステムが判断した場合には、車線内の回避スペースを見つけて自動的に操舵制御。歩行者との衝突回避を支援するなど、現時点で実現可能な安全運転支援システムが可能な限り盛り込んだと、レクサスは説明する。

当代最新のFセグメントサルーンとして、再び世界の最先端に躍り出るに相応しいスペックが与えられた新生レクサス LS500だが、これまでのレクサスの慣例からすればハイブリッド版や、さらなる先進的なバリエーションモデルの追加も期待できるに違いあるまい。日本車最高のプレステージサルーン、レクサス LSシリーズが見せる今後の展開に注目していきたい。

文・武田公実

最終更新:1/11(水) 21:12
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年8月号
2017年6月24日発売

600円(税込)

表紙にはブラッド・ピットが登場!/メジャーは、あるのか!?インディーズ・カタログ2017 /注目すべき新作時計はこの45本!/日本のバスケを盛り上げた男たち