ここから本文です

85億円で“爆買い移籍”のオスカル 「多くの素晴らしい計画がある」と中国リーグの明るい未来を確信

Football ZONE web 1/11(水) 16:23配信

衝撃のメガディールを連発する中国クラブ 「このやり方が続けば…」

 ブラジル代表MFオスカルは、チェルシーから中国1部上海上港に移籍した。移籍金6000万ポンド(約85億円)というメガディールで、欧州クラブに在籍するトッププレーヤーの1人が中国に移籍したことはフットボール界に大きな衝撃を与えたが、オスカルは世界で最も人気の高いプレミアリーグに中国リーグが将来的に比肩する可能性を語っている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

「プレミアに中国リーグは対抗できるか? もしも、このやり方が続けば、イエスと言えるかもしれない。なぜなら多くの素晴らしい計画があるからだ。もちろん、プレミアリーグは世界で最も選手のレベルが高いが、中国人選手もとても優秀だ。彼らは新加入の選手をすごく手助けしてくれる。僕も助けになるから、彼らも助けになり続けて欲しいね」

 オスカルはこう語った。欧州屈指の強豪チェルシーからは、オスカルのみならず、ブラジル代表MFラミレス、ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルが中国クラブに移籍した。相場を遥かにかけ離れた移籍金で欧州のタレントをチャイナマネーで買い漁る勢いが続けば、やがて世界最高峰のプレミアリーグに比肩するかもしれないと、オスカルは語っている。

「中国に来ることができて本当に良かった」

 だが、チャイナマネーが恩恵をもたらすのは、選手だけではないという。

「移籍は自分にもチェルシーにも、上海にも良かった。中国リーグに来ることができて本当に良かった。中国のクラブは選手を中国に連れて来るために大金を支払い、リーグを強化しようとしている。彼らはオファーをくれた。自分は幸せだ」

 野望を露わにする中国サッカー界は、“爆買い”を続けてアジアの枠を飛び越えようとしているのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:1/11(水) 16:23

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ