ここから本文です

天才バッジョが「凄まじい才能の持ち主」と絶賛 セリエAの未来を担う10番に指名したのは…

Football ZONE web 1/11(水) 17:35配信

稀代のファンタジスタが現代の10番に言及 「トッティをまずは讃えたい」

 元イタリア代表の伝説の天才ロベルト・バッジョが、絶滅危機に瀕していたセリエAの「背番号10」の現状について言及し、後継者にユベントスの若きファンタジスタを指名した。イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」が報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 現役時代に「神聖なるポニーテール」の異名で愛された天才は、フィレンツェで行われたイベントに登場した。

 1994年アメリカ・ワールドカップでイタリア代表の10番を背負い、華麗なプレーとチームを救うゴールの数々でアズーリを決勝に導いたバッジョは、「背中に10番の入ったユニフォームを着た選手の多くが、良いプレーを見せている」と語った。

 最初に称賛したのはローマの英雄だった。「私はトッティをまずは讃えたい。彼の年齢であそこまで到達することは簡単ではない。そして、ローマにとって彼は依然として明確に違いを作る存在だ」と、不惑を超えたフランチェスコ・トッティの健在ぶりを語った。

 そしてバッジョは、サッカー界の未来を担う“10番”として、ユベントスの若きファンタジスタを指名した。

古巣ユベントスのエースを後継者に指名

「ディバラは未来だ。凄まじい才能の持ち主で向上するばかりだろう。フェデリコ・ベルナルデスキも偉大な才能の持ち主だ。経験と辛抱が必要だが、彼にはクオリティがある」

 今季4得点のディバラは背番号こそ21だが、プレースタイルはまさに10番。レアル・マドリードがメガオファーを準備していると報じられるほどの逸材で、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの後継者とも期待されるポテンシャルの持ち主だ。その一方で、フィオレンティーナの若き10番、イタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキの将来性も絶賛している。

 ディバラとベルナルデスキは、バッジョの流儀を受け継ぐ最高の10番になれるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:1/11(水) 20:41

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ