ここから本文です

【選手権】来季も注目!「下級生ベストイレブン」を選抜。前橋育英から最多4人、Jスカウトが興味を示す選手も…

1/11(水) 16:30配信

SOCCER DIGEST Web

大会序盤に躍動した2名の1年生プレーヤーも選抜。

 10日余りの短期決戦。高校サッカー選手権も祭りの後といった雰囲気もあるが、すでに来季への戦いは始まっている。今回はそんな選手権を彩った選手たちの中から特に1、2年生をピックアップ。今大会の活躍のみならず、来季への期待値も加味しながら「下級生ベストイレブン」を選んでみた。
 

【選手権PHOTO】来季も注目の1、2年生プレーヤー15選


 GKは緊急出場で大活躍を見せた関東一の北村海チデイ(1年)のポテンシャルも光ったが、やはり東海大仰星の守護神・宮本一郎(2年)が選ばれるべきだろう。堂々たる体躯や安定したキャッチング技術に加えて、ピンチで動じない胆力も光った。「ちょっとしたところが失点に繋がった。あらゆる面でレベルアップしないといけない」と意気込んでいたが、この経験を来季に繋げてほしい選手だ。
 
 CBとしてまず挙がるのは前橋育英のコンビだろう。抜群の対空戦闘能力を備える松田陸(2年)と、左利きのメリットを生かした巧緻なビルドアップが光る角田涼太朗(2年)の二枚が選ばれても異論の出ないところだろう。もうひとり挙げておきたいのは東福岡の阿部海大(2年)で地上戦、空中戦ともに安定した対応を見せ、大きく評価を上げた。近く結成されるU-18日本代表入りの可能性も大いにありそうだ。
 
 代表選手と言えば、鹿児島城西の生駒仁(2年)も前評判通りの活躍ぶりで、外しがたいものがある。持ち前の空中戦の強さ、対人能力を示し、優勝候補と目されていた長崎総科大附を沈める原動力となった。ここは準決勝での右SB起用で活躍した松田には右ワイドのポジションに入ってもらい、生駒、阿部、角田の3枚を3バックとして選んでおきたい。左ワイドは、大会の活躍度からして前橋育英の渡邊泰基(2年)で決まりだろう。「長友さんのプレーを意識している」と語る男にはJスカウト陣も興味を示している。
 
 中盤は3枚。駒澤大高のCB兼任大型ボランチ・西田直也(2年)を底に置きつつ、その前には脅威のロングスローと的確なパス出しで輝いた青森山田のMF郷家友太(2年)も当然ながら選んでおきたい。市立船橋のレフティーボンバー、左SBの杉山弾斗(2年)も外しがたい魅力があるので、今回は中盤でセレクト。実際、来季は攻撃的MFとして起用されることもあるかもしれない。
 
 FWは前橋育英の10番を背負って攻撃陣を引っ張った飯島陸(2年)に加えて、山梨学院の元気印として1、2回戦で存在感を出したFW宮崎純真(1年)も選んでおきたい。二人ともラストは悔しい結末だっただけに、来季の巻き返しを期待したい選手たちだ。
 
 来季の巻き返しと言えば、負傷で大会自体を棒に振ってしまった山梨学院の“空飛ぶマッチョ”FW加藤拓己(2年)もリベンジに燃えまくっているであろう選手。悔しい無得点に終わった長崎総科大附の突撃系FW、安藤瑞季(2年)と共に来年の主役となり得るだけの能力はある。
 
 来季に向けてという意味では短い時間ながら抜群の期待感を残した正智深谷FWオナイウ情滋(1年)もブレイクの待望されるタレント。こうやって名前を挙げ始めると切りもないので自重しておくが、選手権は最高の「悔しさ」をくれる大会でもあるだけに、予選敗退校を含めて逆に活躍できなかった選手に期待したくなる部分があるのも確か。次の選手権に向けてまだ見ぬタレントが台頭してくる可能性を含め、来シーズンもまた、次代を担う選手たちのさらなる雄飛をしっかり見ていきたい。
 
取材・文:川端暁彦(フリーライター)

最終更新:1/13(金) 1:02
SOCCER DIGEST Web