ここから本文です

都議選は組織選挙だが、投票率UPで構図はガラリと変わる --- おときた 駿

アゴラ 1/12(木) 15:19配信

おはようございます、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。

昨日もTBS系列「ゴゴスマ」に電話出演させていただきました。なんと自民党都連最高顧問の深谷氏(81)とご一緒ということでやや緊張しましたが、さすがに大ベテランの風格がある御方でした。

年明けから多くのニュースやワイドショーで都議選の話題が取り上げられておりまして、まだ半年以上も先のイチ地方選挙がこれほど注目を集めるとは、一体誰が予想したことでしょうか…!

まさに前代未聞、空前絶後。

さて、番組の中で深谷さんがしきりに

「都議選は組織選挙。しっかりと地元に密着している自民党の議員たちは強い!」

ということを強調されていました。これについて少し、補足説明をしておきたいと思います。

以前の議席予想の記事(http://otokitashun.com/blog/daily/13827/)でも触れた通り、統一地方選挙からも外れた日程でポツンと行われる都議選の投票率は軒並み低迷しており、前回(2013年)の投票率は半分を遥かに下回る43.5パーセントです。

投票率が低い=無党派層の票が少ない、ということなので、組織票を固めておけば確実に勝ち抜くことができます。そういった意味では、深谷さんのご指摘の通り都議選は「組織選挙」です。

裏を返せば、投票率さえアップすれば、これまでの「都議選の定石」は吹き飛ぶということです。

実際に2009年の都議選では、民主党の「政権交代前夜」ということで注目を集めて大フィーバー。投票率はその前から比べて約11%もアップし、民主党(当時)が史上始めて都議会第一党に躍り出ました。

今回の注目度はその時レベルかそれ以上ですから、投票率が10%以上変動することはほぼ確実と言えるでしょう。

では具体的に、投票率が10%変わるとどれだけのインパクトがあるのか、北区を例に見てみましょう。

1/2ページ

最終更新:1/12(木) 15:19

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

Yahoo!ニュースからのお知らせ