ここから本文です

サウサンプトン監督、リバプールに完封勝利の吉田らDF陣称賛 「力強い最高の試合だった」

Football ZONE web 1/12(木) 18:48配信

リーグカップ準決勝第1戦リバプール戦で吉田はフル出場 強力攻撃陣を抑え込む

 サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は11日のリーグカップ準決勝第1戦リバプール戦でフル出場。強力な攻撃陣を無失点に抑え込む活躍で、DF陣の同僚とともにクロード・ピュエル監督から高い評価を受けている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 サウサンプトンは本拠地セント・メアリー競技場で行われたリーグ2位の強敵との対戦で、前半20分にFWネーサン・レドモンドが決めた一撃を守り切り、1-0で先勝した。

「この相手に素晴らしいパフォーマンスだったが、決定機を考えればこの結果について少し落胆している」と、指揮官は決定機を作りながらも1ゴールに終わった攻撃陣にダメ出しをしている。

 その一方で、DF陣の働きは手放しで評価し、「リバプールでの第2戦を前にクリーンシートで勝てたことは重要だ。力強い最高の試合だった。リバプールが決定機一度きりというのは初めてじゃないか」と称えている。

 ブラジル代表FWフィルミーノ、ラナーナとスターリッジのイングランド代表による強力3トップを誇るリバプールは、後半16分に長期離脱していた司令塔フェリペ・コウチーニョを途中投入。しかし、圧倒的な破壊力を誇るリバプールのオフェンス陣はサウサンプトンの堅守に苦しんだ。

7日の試合後、監督は吉田を批判も…

「我々の守備は連係し、とても良かった。多くの決定機を作り、いいフットボールを見せた」

 ピュエル監督はゴール前をしっかりと固めたフィルジル・ファンダイクと吉田ら守備陣を終始讃えた。7日のFAカップ3回戦の2部ノーウィッチ戦で、吉田は後半22分にヘディングシュートを決めながらも、後半アディショナルタイムにマーカーを見失う失態を犯し、同点弾を許した。

 ノーウィッチ戦後に指揮官から批判された吉田だが、今回は起用に応えるパフォーマンスを見せた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:1/12(木) 18:49

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ