ここから本文です

「ウルトラマン」スピンオフ出演の石黒&青柳を直撃!

1/20(金) 18:41配信

ザテレビジョン

Amazonプライム・ビデオでは、昨年12月に放送が終了したウルトラマンシリーズ最新作「ウルトラマンオーブ」('16年、テレビ東京系ほか)のスピンオフ「ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA」を見放題独占配信中。

【写真を見る】「ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA」ビジュアルカット

「ウルトラマンオーブ」ではクレナイ ガイ(石黒英雄)とジャクラス ジャグラー(青柳尊哉)が激しい戦いを繰り広げるが、本作はかつて同じ勢力に身を置いて共に戦った二人の“始まりの物語”。

そんな石黒と青柳にインタビューを行い、自身の役柄や作品の見どころなどについて語ってもらった。

――「ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA」の配信が決まった時の気持ちをお聞かせください。

石黒:(スタッフに)「スピンオフあるんだよ!」と言われて、「ああ、そうなんだ」という感じでした。テレビ放送が始まる前、4月の終わりくらいにはスピンオフの話を聞いていました。でもスピンオフだから、僕は出なくて(青柳が演じる)ジャグラーがメインだと思っていました。いざ形になると、すごく大作になっており、驚いています。と同時に、こんな大作に主人公として関われたことが光栄です。

青柳:僕もスピンオフに出演させてもらえることがうれしかったですし、感謝しています。「ウルトラマンオーブ」でジャグラー役をやらせていただけるだけでもすごいのに、スピンオフでジャグラーとガイの物語をやるって聞いた時は、皆さんに背中を押された感じで。「新しいことにチャレンジしていい」と言われた時は素直にうれしかったですし、そこに連れて行ってくれた石黒英雄にも感謝が止まらないです!

石黒:ありがとう! 自分の手柄でいいんだよ!(笑)。いつも、こうやってちゃんと言ってくださるんです。すてきな男性なんですよ。

――とても仲がよろしいですね。お二人は「ウルトラマン」シリーズに出演されたのは初めてですが、演じられていかがでしたか?

石黒:ウルトラマンでしかできない役作り、芝居がいっぱいあるんです。それがすごく楽しくて! 今回の僕のキャラクターは先輩ウルトラマンに敬意を払った役なので、甘えさせていただきました。でも、これって本作でしかできないんです。それが僕の中での醍醐味(だいごみ)で、敬意を払いつつ、ジャグラーという相棒のことを考えつつ、先輩ウルトラマンとのヒーロー像をうまく作ろうと練っている状態がすごく楽しくて。Amazonプライム・ビデオでの役作りはテレビ版と同じで、ガイというキャラクターは弱い方が良いのか、それとももっと初々しさを出した方が良いのかということでした。今回は、初々しいキャラクターにしました。

もちろんジャグラーのキャラクターもそうなんですけが、それを決定付けたのが、僕が変身した後のウルトラマンを演じてくださった(スーツアクターの岩田)栄慶さんなんです。栄慶さんが「(ウルトラマンの)50周年でしかできない動きをしたい」とおっしゃって、それが初代のウルトラマンと同じ戦闘スタイルなんです。顎を持ち上げた、前かがみで若干猫背というスタイルで。あれは、初代ウルトラマンを“完コピ”しているんですよ。それを見た瞬間、「自分が初々しい状態から強くなったというのを構築していかないと」という思いがありました。役者として楽しい時間でしたね。

青柳:ミニチュア特撮ワークみたいなものって、普段自分たちが生きている芝居の中ではほとんど縁がないんです。そこにプロフェッショナルでエネルギーを懸ける人たちがドラマパートを撮るということで、新鮮なディスカッションの中で芝居を作っていけました。ウルトラマン、円谷プロが50年積み上げてきた特撮の技術みたいなものに支えられて、僕ら自身が新しいものを教えられた感じがありました。ウルトラマンでしか、分からなかったこともありました。

――本作はテレビシリーズの前の話ということで、お二人と初共演の方が多かったかと思います。歴代ウルトラマンのつるの剛士さんや杉浦太陽さんと共演されていかがでしたか?

石黒:非常に現場を盛り上げてくださいますし、映像でも本当に説得力があり、単刀直入に言うと非常に助かりました(笑)。

青柳:やっぱり、(二人が)出るか出ないかで全然違いますね。説得力がありますし。もちろん先輩ウルトラマン以外にも豪華なメンバーが集まっています。

石黒:先ほど1話を見たんですが、全キャラクターの個性が強くて、誰一人負けていなくて、「すごく面白い作品ができたな」と自信を持って言えます!

――お二人(つるの、杉浦)はテレビ版の「ウルトラマン」で主役を務められた後に、映画などに何度か出演されています。かなりウルトラマン作品に出られた方というイメージが強いのかなと思うのですが…。

石黒:でも、作品に合わせてウルトラマンダイナやウルトラマンコスモスの立ち位置にちゃんと気を使ってくださるんです。それが今回の「― THE ORIGIN SAGA」でも、存分に生かされていると思いますので、注目して見ていただければと思います。

――共演で印象に残っている方はいらっしゃいますか?

青柳:前川(泰之)さんは僕が20歳くらいの時からの知り合いで、プライベートや舞台ですごくお世話になっている方です。そんな前川さんから僕らがウルトラマン50周年でやっている「ウルトラマンオーブ」の新しい形に参加してくださると知った時、直接連絡をいただいてすごくうれしかったのを覚えています。いつだって明るく支えてくれますし、年長者ですけど、「おまえたちが好きなようにやっていることを応援するよ!」って言ってくださった時はうれしかったですね。

――「ウルトラマンオーブ」の2クール撮影を終えられていかがですか?

石黒:撮影する前に僕がネックだったことは、「25話という長いスパンで全て面白く見せることができるか」ということでした。僕一人のキャラクターだけではそれは保てないと思っていたので、相方のジャクラーというキャラクターがとても強烈で、最後にジャクラーの芝居で持っていけたのはすごくうれしかったですね。僕自身の概念が17話の「復活の聖剣」で終わりだったので、ガイの本当の大まかなストーリーは17話で終わりだったんです。でも、そこから引っ張っていくのは、自分一人では本当に難しかったです。だから、ジャグラーが思い切り持っていってくれたのは、すごくありがたかったです。そこからの「―THE ORIGIN SAGA」なので、とてもいいスタートを切れたのではと思っております。

青柳:僕が25話を通してやろうとしていたことは、「とにかくガイのライバルでいようという」という思いもあったし、「同じフィールドで真っすぐ本音をぶつけ合っていこう」とも思っていました。それはクランクインした時から、すぐに石黒くんと築き上げていけました。芝居で何を投げても返してくれるし、それを受け取ってくれる度量っていうのをすごく感じていて、僕はすごく自由にジャグラーを育てることができたと思います。また、共演者や現場スタッフさんたちが、「ジャグラーを育ててあげよう」と思ってくださったのはうれしかったし、それを追い掛けて25話ずっと見てくださった視聴者の方もいて、「思いっ切り駆け抜けた25話だったな」と思っています。

――では、最後に「ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA」の見どころをお願いします!

青柳:Amazonプライム・ビデオ版ではすごく新しいチャレンジをさせていただいて、素晴らしいキャストさんたちに支えられながら作りました。そのAmazonプライム・ビデオ版を見ていただいて、その後にあらためて長い時間をかけて育った「ウルトラマンオーブ」という作品を見ていただきたいです。まだ僕とガイ(石黒)しか見ていない最終回の景色があるので、それを皆さんに見て味わっていただきたいと思います。

石黒:今までに見たことのないウルトラマン像ができていると思いますし、自分で言うのも何ですが名作になっていると思うので、ぜひ一人でも多くの方にAmazonプライム・ビデオに入って見ていただけたらうれしいです。後悔は絶対しないと思います!

最終更新:1/20(金) 18:41
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ