ここから本文です

顧客はどこへ流れているのか? 取材件数1万2000店!「ネオ大衆酒場」「熟成肉」…15年間トレンドを言い当ててきた名編集長が語る、これからの飲食ビジネスとは?

ダ・ヴィンチニュース 1/24(火) 11:00配信

 著者は、長年の記者・編集者生活を経て、2000年には飲食スタイルマガジンを創刊。2004年にはフードビジネスWEBサイト“フードスタジアム”を立ち上げ、業界トップのWEBニュースの編集長となった。取材件数は1万2000店、ここ十数年の業界の栄枯盛衰をつぶさに見てきた人物である。本章が始まる前ページには、著者の仕事における3つの信条が、そして最終章の「こうぞうのつぶやき」として32に及ぶ独自の切り口に至るまで、飲食ビジネスで成功を志す経営者への指針の言葉で溢れている。

 このように、本書は飲食業界のビジネス本なのだが、年代を追いながら、飲食トレンドの移り変わりを解説しているので、自分の“外食遍歴”を辿りつつ読み進めていくのもオススメだ。更には、マーケット構造、業態トレンドの予測など、誰しも知っておいて損はない項目が満載である。

 巻末には「接待で使える最新飲食店情報イエローページ」付き。編集長厳選の都内の旬の店の紹介だ。最新の食トレンドが味わえる場所として、また飲食業界で働く人には東京でのリサーチの対象店として、それぞれ活用できる。

 移り変わりの早い飲食マーケットで、繁盛店はいかに冷静にマーケティングを行い、緻密な計画のもと、展開しているのか。著者の鋭い食トレンドの分析・考察により、飲食店の人々の熱い思いまでもがダイレクトに伝わってくる一冊である。

 2017年、“イートグッド”の姿勢は、私たちの食の流通や生活に、どれだけの影響を与えていくのか。ますます目が離せない。

文=小林みさえ

2/2ページ

最終更新:1/24(火) 11:00

ダ・ヴィンチニュース