ここから本文です

私たちは東京五輪を見られない!? チケット高額転売が野放しのワケ、解決策は?

NIKKEI STYLE 1/31(火) 16:42配信

チケットの高額転売が問題になっていますね。

 人気アイドルグループのコンサートに行きたいのに、チケットがなかなか取れないわ。ネットをみると高額で転売されているけど、どうにかならないの?  チケットの高額転売について、植木樹理さん(40)と岸雅子さん(52)が石鍋仁美編集委員の話を聞いた。

 「1枚1万円弱のアイドルグループのコンサートチケットが、ネット上で数万~数十万円で売られています。特にここ1、2年、転売専門サイトが複数登場し、スマートフォン(スマホ)が普及した結果、普通の人が手軽に売買できるようになったことで、高額転売が目立つようになりました。こうした状況に危機感を持った芸能事務所の団体である日本音楽制作者連盟やコンサート主催者の団体であるコンサートプロモーターズ協会などは昨年夏、100を超すアーティストとの連名で全国紙に高額転売反対を訴える意見広告を出しました」

業界はなぜ反対しているのですか。

 「まず、ファンに本来より高い出費を強いることになるからです。さらに、音楽市場の収益源がCDなどの『パッケージソフト』から『ライブ』に移りつつあることも背景にあります。日本レコード協会によると、音楽ソフトの生産額はピークだった1998年に6074億円ありましたが、2015年は2544億円に縮みました。一方で、ぴあ総研によると、音楽ライブ市場は15年に3405億円と前年比25.2%増え、11年に比べ2倍以上に成長しました。ソフト市場とライブ市場の規模は14年に逆転し、15年にはさらに差が開いた形です」

 「ポピュラー音楽ビジネスでは長いあいだ、コンサートはレコードやCDの宣伝の場という性格を持っていました。CDが売れなくなると、ライブそのもので収益を上げなければ音楽活動が成り立ちません。しかしチケット単体では値上げしにくいので、ライブ会場でパンフレットやタオルなどグッズを売って収益の足しにしてきました。高額転売されたチケットを買ったファンは、グッズを買う資金余力が減ってしまいます。こうしたこともあり、高額転売反対キャンペーンが始まったのです」

 「2020年には東京五輪もあります。高額転売問題は音楽だけでなくスポーツも同じ。仮に東京五輪のチケットがあっという間に買い占められ、高額転売されるようでは国際問題になりかねません」

1/2ページ

最終更新:1/31(火) 16:42

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。