ここから本文です

古着がひと手間で大変身! 親子三代、家族をつなげる簡単リメイク術

エイ出版社 2/2(木) 15:00配信

着なくなった服、どうしていますか?

もう着ないなあと思いつつ、タンスの中にしまったままになっている服たち。きっぱり捨てて、すっきり断捨離! ……という気持ちもある一方、家族の思い出が詰まった洋服はなかなか捨てられないもの。

そんなときは、思い切ってリメイクしてみませんか?

音楽家である良原さんの楽しみのひとつは、息子さんの洋服づくり。といっても、型紙から作るわけではなく、家族の洋服からリメイクして作ります。一時は離れていたお裁縫ですが、出産を機に再開したところ、その“思わぬ効果”にハマったそう。忙しい毎日の中でもちょっとした空き時間でできて、家族みんなのきずなが深まる。そんな良原さん流のリメイク術とは?

出産で始めた洋服リメイク、今では日々の楽しみに

「母が自分のワンピースを半分に切って、私と妹、二人分の洋服を作ってくれていたのを覚えています」と話す良原さんは、お裁縫が身近にあったこともあり、小学生の頃には見よう見まねでミシンを踏み、気づけば洋服まで作るようになっていたそう。その後一度は離れていたが、息子さんが生まれたことでお裁縫を再開することに。

「当初は産着などのささやかなものを作っていたんです。それが育児に慣れてくると調子が出てきて(笑)」

今は我が子の洋服作りが楽しみの一つ、と話す良原さん。洋服作りは子育ての傍ら、ちょっとした空き時間で手早く作れるようにと、既存の服の形を生かしたリメイクが中心。そしてリメイクであることが、良原さんの洋服づくりの大きなモチベーションにつながっています。

リメイク服を着る孫の姿が、みんなを笑顔に

祖父の赤色ニットをリサイズしたり、母親のサマーニットの袖を帽子にしたり。良原さんのご両親やご祖父母がかつて愛用していた洋服を息子さん用にリメイク。

「リメイクした服を着ている息子の姿に、じいじもばあばも大喜びです」

家族の思い出が詰まった洋服はなかなか捨てられないもの。でも良原さんの手にかかれば、味のあるお祖父様のセーターもお子さんの愛らしいセーターと帽子に大変身。

1/2ページ

最終更新:2/2(木) 15:00

エイ出版社