ここから本文です

ベッカム、衝撃の赤裸々Eメールが流出! 慈善活動は騎士号のため…一大スキャンダルに

Football ZONE web 2/5(日) 14:19配信

サッカー専門暴露サイトがベッカムのEメール内容を暴露、各国メディアも一斉報道

 元イングランド代表キャプテンのデイビッド・ベッカムはユニセフなどの慈善活動に従事しているが、全ては騎士号欲しさによるものだったことが赤裸々となり、一大スキャンダルとなっている。ベッカムのEメールの内容がサッカー専門の暴露サイト「フットボール・リークス」で流出した。

欧州5大リーグ「2017移籍金評価額ランキング」 スイス調査機関が算出した”高額な100人”とは

 サッカー界の移籍金や契約書などの秘密を赤裸々に暴露している爆弾メディアはフットボール界のカリスマの暗部を照らし出している。

 英地元紙「サン」が「騎士号じゃなければ、ふざけるな。デイビッド・ベッカムはユニセフのチャリティ活動を騎士号獲得のために使っている。衝撃のEメールが公開」と特集を組んだ。もっとも英メディアのみならず、仏紙「レキップ」やスペイン紙「エルムンド」など、各国メディアも一斉に報じており、その余波は広がり続けている。

 今回流出したメールでは、ユニセフや騎士号叙勲に対する凄まじい内容が暴露されている。当初はユニセフへの寄付を拒否したこと、個人スポンサーが支払っているビジネスクラスの飛行機代6685ポンド(約93万円)を請求したエピソードなど、様々な内容が表面化している。

「あいつらはクズの集まり」とぶちギレ

 2013年に叙勲を逃したベッカムは選出委員会について「あいつらはクズの集まりだ。誰が叙勲を決定しているんだ?」とメールでぶちギレていた。

 さらに「正直恥ずかしいよ。もしも、自分がアメリカ人なら、これ(叙勲)は10年前に手にできていた」と、怒りとともに綴っていたことも暴露されている。

 「これで今年ユニセフ、軍隊、チャリティ活動に従事しなければいけない理由を与えてくれた」という内容のメールも流出してしまった。

 好青年を地で行くハンサムなカリスマだが、イメージダウンを避けられない情勢となっているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2/5(日) 14:19

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

Yahoo!ニュースからのお知らせ(3月30日)

  • ITmedia ヘルスケアの配信が終了しました。