ここから本文です

トランプ氏所有の大邸宅 126部屋あり1泊1000ドルで宿泊可

NEWS ポストセブン 2/7(火) 16:00配信

「不動産王」から米大統領に華麗なる転身を遂げたドナルド・トランプ氏は、“富の象徴”と呼ばれるニューヨークの「トランプ・タワー」の他にも、数多くの不動産を所有する。

 とりわけ豪華なのが、セレブの別荘地として有名なフロリダ州の「パームビーチ」の大邸宅だ。

 大統領就任式に招待された共和党全米委員会・元顧問のあえば直道(じきどう)氏が語る。

「シリアルの製造販売で富を得たマージョリー・メリウェザー・ポスト氏が建築した豪邸を、1985年にトランプ氏が購入し、大幅に改築した建物です。

 敷地面積は1万平方メートルで、屋敷には126部屋もある。国際赤十字の舞踏会場としても長らく使用されてきました」

 一部は会員制で貸し出されており、一泊1000ドル(約12万円)程度で宿泊できる。

「1994年には、トランプ氏と親しかったマイケル・ジャクソンがリサ・プレスリーとの新婚旅行で訪れた」(同前)

 温暖な気候のため、寒い季節は「冬のホワイトハウス」として利用されるかもしれない。

※週刊ポスト2017年2月17日号

最終更新:2/7(火) 16:00

NEWS ポストセブン