ここから本文です

入居者募集中「コロンビア」のコンセプト賃貸が登場

WWD JAPAN.com 2/7(火) 12:42配信

入居者募集中「コロンビア」のコンセプト賃貸が登場

 米ポートランド発「コロンビア(COLUMBIA)」は総合リフォーム企業の朝日リビング(ASAHI LIVING)と協業で埼玉・北大宮にアウトドアがテーマの賃貸物件を手がけた。コンセプトは「アーバンアウトドアルーム」。オリジナルのレンガ風壁紙に廃材風のフローリングとブラウンを基調とした部屋には、有穴ボードを施すなど、ブランド発祥のポートランドの建物やDIYカルチャーを反映している。備え付け照明やシェルフもインダストリアルな雰囲気。至る所に「コロンビア」のマークをあしらい、スイッチボードも壁に馴染むよう仕上げるなど、ディテールにこだわっている。アウトドア好き独身男性に向けて、ウエアだけでなく、住空間でもブランドの世界観を体感してもらおうという試みだ。賃貸料は1K約36平方メートルが8万5000円(共益費4000円)、1R約26平方メートルが7万5000円(共益費5000円)。

 内装を手掛けた朝日リビングは、数年前から映画「海月姫」や人気ゲーム「シュタインズゲート」などとコラボした内装の物件を都心中心に手がけている。ファッション・ブランドとのコラボは今回が初。今後もファッションやエンターテイメントなど、さまざまなジャンルとのコラボで、「自分の好きな世界観の部屋に住みたい」という20~30代に向けて新たな住空間を提案していく。

 少子化が進み、賃貸1物件で1~2部屋空室という物件が多く、他物件との差別化を図り、入居者を確保するといった需要が増えているという。住居は後進国と言われる日本の住空間が変わりつつあることを感じさせるコラボレーションだ。

最終更新:2/7(火) 12:42

WWD JAPAN.com