ここから本文です

安くてうまい! 人気ブロガーが教える絶品「サウナめし」スポット3選

オトナンサー 2/12(日) 17:00配信

「サウナは、裸で汗を流すだけの場所ではありません。食堂の存在を忘れてもらっちゃ、困りますよ」と話すのは、人気サウナブロガーの濡れ頭巾ちゃん。近年、施設の複合化による女性客や家族連れの巻き込みで、一大レジャー産業へと変化しつつあるサウナですが、昭和時代の“オジサン目線”を忘れることなく、その魅力を発信している一人です。

こんなにあった!「加熱式たばこ」一覧

 ちょっとしたおつまみやご飯もの、お酒なども置いている食堂は、いわばサウナの「憩いの場所」。サウナと水風呂を往復し汗や老廃物を出してスッキリしたら「さっそく食堂へ向かいましょう」。

定食から一品物まで充実している

 濡れ頭巾ちゃんは、施設内での食事を「サウナめし」と呼びます。サウナの後は多幸感に包まれているため、どんなメニューでもおいしく感じるのだとか。食堂が畳敷きの大広間だと、多幸感もさらにアップします。ドシッと腰を下ろしてテレビを見ながら、ぶつぶつ独り言をつぶやいたりするのが魅力だそう。「この前なんて『科捜研の女』が放送してたんですけどね。主役の沢口靖子も年を取ったなあ、東宝シンデレラガールの時はピチピチだったのに、なんて思わずつぶやいていました」。

 サウナめしには無言の「流儀」があります。「時代に逆行するようでアレなんですが、ズバリ女人禁制。ということで、男性専用の施設がベストですね」。その理由を聞くと、納得です。

「だって、隣に綺麗な女性がいると、ついついカッコつけちゃうでしょ。少しでもやせているように見られたいから、息を吸い続けちゃったりなんかして。だから全然リラックスできないですよ」。もちろん、テレビを見ながら独り言も言えず、ポリポリとお尻をかいたりもできません。これでは、サウナの多幸感もなくなってしまいます。

「サウナめしの流儀は、欲望の赴くまま、脱力しきった状態で食べること」

 施設内の食堂は定食から一品物まで、比較的安くておいしいものが充実しています。「ハムエッグやメンマ炒めなんてたまらない。チューハイも安いし、しかも濃いところが多い(笑)。場所によっては、焼酎のボトルキープも2000円くらいからできますし、言うことなしですね」。

 また、館内着もサウナめしを楽しむための大事な要素。「施設によって、甚平だったりバスローブだったりしますが、ゆったりめのものを選ぶこと」。その状態で飲んで、酔いが回ったら休憩室へレッツゴー! そして「すぐ寝ちゃいましょう(笑)」。

1/2ページ

最終更新:2/12(日) 22:31

オトナンサー