ここから本文です

『君の名は。』飛騨市がロケーションジャパン大賞・特別賞を受賞!

ロケーションジャパン 2/15(水) 18:38配信

岐阜県北部にある飛騨市。情緒ある街並と山林を持つ自然豊かな土地に、今多くのロケ地ストが終結している。その理由はもちろん、2016年邦画の興行成績No.1映画『君の名は。』である。
当市は作品を受け、この度「第7回ロケーションジャパン大賞」の特別賞を受賞した。

 『君の名は。』は、背景美術の美麗さで評価が高い新海誠監督の最新作であり、物語・キャラクターはもとより、その「背景」のファンになる人が続出。作品のモデルの地と言われている飛騨市を訪れた人々は、「あの美しい世界が実在する!」という感動を味わっているようだ。

 実際、飛騨市観光課によると聖地巡礼に3万人以上の観光客が訪れている。その過熱ぶりは、飛騨市にとっては喜ばしいことと同時に、予想外の展開でもあったようだ。殺到する観光客に当初は戸惑いもあったそうだが、飛騨市の状況に応じた柔軟な対応や、新海監督が抱く「舞台への感謝の気持ち」に賛同するファンの理解により、現在では市と観光客、両者の納得のいく方向に向かって「聖地」としてのカタチを形成しつつある。
 作中に登場する図書館・バス停などへの訪問客が多い事はもちろん、飛騨市の伝統・組紐体験への参加数増加や、マスコットキャラクター「ひだくろ」のグッズ、劇中で食べられていた「高山ラーメン」の売り上げ向上など、従来の現地にあった物の活性も盛んだ。ファン同士が飛騨市の文化に触れて交流を深め、今度は飛騨市のファンになり再訪することも少なくなく、一過性の盛り上がりだけではなく、新たな飛騨ファンも増えつつある。

 飛騨市はもとより「聖地」としての準備が整っていた地域ではない。古来より土地に根付く「来訪者への暖かいもてなしの精神」が、この盛り上がりの一助となっていることは間違いないだろう。映画の美しい世界と共に、新海監督が惚れた世界の空気を感じるために飛騨を一度訪れてみてはいかがだろうか。

「第7回ロケーションジャパン大賞」の授賞式は今月22日(水)、都市センターホテルにて開催される。


映画『君の名は。』
http://www.kiminona.com/index.html
監督:新海誠
キャスト(声の出演):神木隆之介、上白石萌音 ほか
(C) 2016「君の名は。」製作委員会

ロケーションジャパン

最終更新:2/16(木) 10:18

ロケーションジャパン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ