ここから本文です

エビフライのしっぽは食べるべき? 栄養士さんに聞いてみた

2/15(水) 17:37配信

オトナンサー

 フライに天ぷらと、揚げ物の定番とも言える「エビ」ですが、その「しっぽ」を普段、食べていますか、残していますか。

【写真】丸亀製麺の限定飲み放題メニュー

 好みや習慣の分かれるところかと思いますが、オトナンサー編集部では、料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんに取材、エビのしっぽには栄養があるのかどうか聞きました。ついでに、しっぽを食べ残すことの是非も……。

アスタキサンチンはポリフェノールの一種

 関口さんによると、エビなど甲殻類の殻には、キトサンという食物繊維、カルシウム、赤い色素であるアスタキサンチンなどが含まれています。

 とりわけ、アスタキサンチンはポリフェノールの一種で、「ビタミンEの数百倍とも言われる抗酸化力があり、アンチエイジング効果が期待できます。化粧品にも使われる注目の成分です」。エビのしっぽのように少量だと効果は期待できませんが、食べるのはムダではないそうです。

 ただし、エビのしっぽの中に黒い水が残っていると、しっぽが生臭くなるため、食べる際には下処理が必要です。包丁の背を使ってしっぽの水分をしごき出すと、黒っぽい液体が出てきます。これをよく洗い流すことでカリッと揚がり、食べてもおいしくなります。「下処理済みのしっぽであれば、食べても問題ありません。もちろん、よく揚げていないと食べにくいので、その場合は残しましょう」。

食べるのは「貧乏くさい」?

 一方、マナーの観点からは、「しっぽまで食べるのは貧乏くさい」「料理人への感謝を込めて食べるべきだ」などと意見は分かれますが、果たして関口さんの答えは……。

「マナーとしてはどちらでも構いませんが、食べない場合は『食べ残した感』を出さないように、しっぽをそろえて置きましょう。ただし、エビのしっぽを食べられるように下処理しているお店もあれば、エビの種類によっては、柔らかく食べやすい場合もあります。しっかり揚げるとパリパリおせんべいのようになるので、丸ごと食べられるのであれば、食べた方が体にいいですよ」

オトナンサー編集部

最終更新:2/21(火) 23:10
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

日々報じられるニュースの中から気になる話題をピックアップし、掘り下げた記事や、暮らしに役立つ基礎知識などをお届けします。