ここから本文です

自宅でお手軽焙煎!フルーツみたいに甘い“浅煎りコーヒー”を楽しむ方法

@DIME 2/15(水) 19:10配信

 豆本来の味を楽しむなら浅煎りである。

 豆の産地、種類を気にする人は増えたが、焙煎に注目する人はまだまだ少ないように思う。しかし、焙煎は豆の種類と同等か、時としてそれ以上にコーヒーの味を左右する重要なポイントだ。コーヒーをより楽しむなら、焙煎についても気にしていきたい。

 そこで今回は、コーヒーショップが開催するワークショップで浅煎りコーヒーについてのレクチャーを受けてきた。日本では深煎り信仰が未だに根強いが、また違った味わいの浅煎りコーヒーにもチャレンジしてみよう。

■『浅煎り』の魅力

 今回ワークショップの講師をしてくれる、MOSSCORE COFFEE店長の橘川さんに、浅煎りの特徴を伺った。

◯フルーティな甘みを引き出す

橘川:「コーヒーの苦味やコク、香ばしさが強く出る深煎りに対して、浅煎りは酸味がありフルーティな甘さを感じさせる味わいになります。深煎りでも甘みはありますが、それは焦がしてカラメル化した甘みで、豆自体が持つフルーツとしての甘みを引き出した味わいとは、また違った種類のものになります」

◯すっきりしていてゴクゴク飲める

橘川:「口当たりが軽く、紅茶みたいな感覚で飲めます。コーヒーが苦手という人でも、浅煎りコーヒーなら美味しいと思えるかもしれません。もちろん豆の種類によっても変わるので、浅煎りはこういう味になる、と言い切れるわけではないですけど、一般的に『フルーティ』『酸味』『軽い口当たり』などのキーワードで浅煎りが説明されることが多いですね」

■『浅煎り』の淹れ方

 続いて、浅煎りコーヒーの淹れ方をレクチャーしてもらった。(1杯=170gの場合)

◯高温のお湯を注ぐ

橘川:「沸騰してちょっと経ったくらいの温度のお湯を注ぎます。お湯の温度に関しては人それぞれで意見が違って、中には70度くらいの低温でじっくり時間をかけて淹れる人もいますが、うちの店の場合は高温で、そして短時間で淹れます。エグ味をおさえて、それでいて旨味や酸味などの良いところをしっかり抽出するには、高温&短時間がベストだと考えています。」

◯かき混ぜる

橘川:「50g(※分量の詳細は後述)ほどお湯を注いだら、全体に浸透するようにスプーンでかき混ぜます。浅煎りは豆の水分量が多く、ドリッパーの下に沈んだままうまく抽出できないので混ぜる必要があるんです。深煎りを淹れる場合は味が出すぎてしまうので混ぜない方が良いですが、浅煎り豆は短時間で一気に抽出するので、下までしっかりかき混ぜてください。ただ、ここでフィルターをうっかり破いてしまう人も多いので注意が必要です。下までしっかり混ぜる、でもフィルターに穴を開けない。これ、ポイントです」

◯3回お湯を注いで放置

橘川:「最初にお湯を注いでから40秒後にプラス50g、最初のお湯から1分後にプラス100g。合計で200gのお湯を3回に分けて注ぎます。そうしたら、あとは最初のお湯から2分30秒経つまで放置。これで出来上がりです」

 豆とお湯の分量、注ぐタイミングは写真の表で確認して欲しい。4分前後の時間をかけての抽出を推奨されることが多いが、浅煎りの場合は2分30秒(1杯=170gの場合)ほどで抽出する。

◯サーバーのコーヒーをかき混ぜる

橘川:「底の方に旨味がたまってしまいますので、カップに注ぐ前に、スプーンで軽くかき混ぜてください」

 サーバーのコーヒーをかき混ぜるのは、浅煎りに限ったことではないらしい。筆者などは無闇にそーっと扱ってしまい、あんまりかき混ぜたりしたらイカンもんだと思っていた。ドリッパーでもサーバーでも、臆せずかき混ぜよう。

◯少し冷ますとよりフルーティに

橘川:「アツアツでも美味しいですが、温度が下がると浅煎りの味わいがより鮮明に出ます。フルーティな味わいを楽しみたいなら、少し時間を置いて飲むのも良いですね」

■焙煎で広がるコーヒーの世界

 コーヒーは誰もが手軽に楽しめるもので、別に細かいことを考える必要はない。実際のところ、インスタントコーヒーだって美味しいっちゃ美味しい。でも、追求しようと思えばどこまでも高みを目指せる奥深さがあり、一生つきあえる趣味としてもオススメできる。いまコーヒーを飲んでいる人はおそらく一生飲み続けるだろうから、せっかくならちょっとこだわってみても良いのではないか、と筆者は思うのだ。

 とりあえず、浅煎りコーヒーで焙煎による違いにこだわってみてはどうだろうか。また違ったコーヒーの魅力に出会えるはずだ。

西荻窪のコーヒースタンド「MOSS CORE COFFE」看板店長。商店街のイベントなど地域の活動も活発に行う。もともとは接客業に興味があって飲食の世界に入ったが、コーヒーが繋いだ人の縁で現在はバリスタとして活躍することに。彼女の明るい人柄に惹かれて来店する人も少なくない。

●MOSS CORE COFFEE

ワークショップを開催するなど、西荻窪の地でコーヒーの魅力を広める地域密着型のコーヒースタンド。豆の販売も行なっている。

取材・文/太田史郎(おおた・ふみお)

@DIME編集部

最終更新:2/15(水) 19:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年6月号
4月15日発売

定価600円

空前の鉄旅ブームがやってきた!
スマホ「全画面時代」の機種選び!
週末、自宅でできるお小遣い稼ぎ
「機能買い」の腕時計選び!