ここから本文です

名門女子中進学の芦田愛菜 中高6年は休業状態か

NEWS ポストセブン 2/16(木) 7:00配信

 現在放送中のドラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』(テレビ東京系)では、芦田愛菜(12才)が主演女優になり、カンヌ映画祭で賞を獲れる作品を作ろうと奔走する様子がドキュメンタリータッチで描かれる。

 昨年夏のことだ。プロデューサーの山田孝之(33才)に「フランスのカンヌまで映画の下見に行こう」と誘われた愛菜ちゃんは「行けない」と断る。理由は、「夏期講習があるから」。

「視聴者は“愛菜ちゃんは冗談もかわいいな”という反応だったんです。天才子役の愛菜ちゃんだから、“ずっと本格女優として生きて行くはず。勉強なんて必要ない”とみんな思い込んでいました。でも、本当に受験勉強で忙しかったなんて…」(芸能記者)

 事実、愛菜ちゃんにとって去年の夏は“カンヌどころではない正念場”だった。撮影の合間をぬって都内の大手の中学受験予備校の夏期講習に通い、夏期合宿にも出かけ、1日12時間の猛勉強をしていたからだ。

 女優・芦田愛菜が私たちの前に現れたのは、2010年のテレビドラマ『Mother』(日本テレビ系)だ。虐待を受ける小学生という難役で大人たちのド肝を抜き、「史上最強の天才子役」といわれたその時、彼女はわずか6才だった。

 翌2011年には同じく人気子役の鈴木福くん(12才)と共演したテレビドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)が大ヒットし、史上最年少で『NHK紅白歌合戦』に出演するなど、人気を不動にした。

 多くの人たちが近所の子供のように成長を見守ってきた愛菜ちゃんだが、気がつけばもう12才。立ち居振る舞いも大人びて、昨年4~6月のドラマ『OUR HOUSE』(フジテレビ系)では中学生役で主演を務めた。卓越した演技力と少女性を兼ね備え、“子役”ではなく今後の活躍が期待される女優の1人となった。

「でも愛菜ちゃんはその頃に、中学受験をすることを決意したんです。第一志望に設定したのは名門中の名門の女子中学校でした」(芸能関係者)

1/2ページ

最終更新:2/16(木) 8:19

NEWS ポストセブン