ここから本文です

インクを使わない蛍光テープ/蛍光フィルムが便利

2/17(金) 21:10配信

ライフハッカー[日本版]

今年も受験シーズン到来! 社会人になってからも、資格取得などの学習を続ける方は多いかと思います。そんな、自主学習の強い味方「蛍光ペン」ですが、乾きにくさや下に書いた字の滲みが気になります。また、仕事の資料や辞書など、マーカーを引きたくても「書き込み禁止」という場合もあるでしょう。

【使用した様子がわかる画像付記事はコチラ】

『ビックブライトナーテープ』と『ポイントフィルムスリム』は、蛍光ペンの「目立つ色」はそのままに「書ける/書けない」それぞれの資料に対応できる、新しいタイプの「蛍光マーカー」です。

引いて上からすぐ書ける『ビックブライトナーテープ』

『ビックブライトナーテープ』は紙に蛍光色を転写するテープです。キャップが無く、グレーのラバー部分を矢印方向に捻ると、テープの先端が出てきます。修正テープを使う要領で、上からしっかり握ると使いやすいようです。

『ビックブライトナーテープ』は、ペンの文字と重ねても、インク滲みの心配がありません。また、ラインを引いてすぐに上から字が書ける点も、従来の蛍光インクにはないメリットです。筆者は穴埋め問題を自筆する場面で活用しています。

マーカー代わりに使えるフィルム付箋紙『ポイントフィルムスリム』

マーカーの書き込みができない資料や参考書、辞書などで、カラフルな情報整理ができるのが『ポイントフィルムスリム』です。貼った後に下の字が透けて見えることで、マーカー代わりとして活用できます。幅4mmと非常に細いものですが、プラスチックフィルムのため、紙の付箋と違い破れにくいという特徴があります。

『ポイントフィルムスリム』はフィルムが互い違いに出て来るイメージです。フィルムの先端が常にストッパーの上になるので、つまみ出しやすくなっています。


貼ったり引いたりと、作業が楽しく効率的になると、自主学習のモチベーションも上がりそうです。


ビックブライトナーテープ/ポイントフィルムスリムS|デルフォニックス


(藤加祐子)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。